大型トラウトを狙撃!エリアミノーイングのオススメタックルセッティング

週刊つりニュース中部版2017年3月3日号で紹介させていただいたエリアミノーイングの世界、今回はより深く、また新たに見えてきたものも含めて、あらためてこの釣りを紹介させていただきたい。ちょうど東海地区の平野部のエリアも続々とオープンするタイミングなので、今年のエリアフィッシングシーズンはエリアファンならずとも是非ともチャレンジしてみてはと思う。

【アクションやキャスティングの方法はこちら】

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年11月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

  

エリアミノーイングの概況

ミノーに抜群の反応を見せてくれたブラウン。
参考タックル図。

まずはひと口にエリアミノーイングといっても今私が店長を務めるカリプソでブームとなっているのは、多くの管理釣り場で最も放流量が多い20~30cmのニジマスをターゲットにしているのではなく、40cm以上の各種トラウトに照準を絞りミノーでの攻略を楽しんでいる。

通年オープンしているエリアなら必ず確認できるスレきった大型個体、または水温低下時に放流される大型個体を手中に収めることができるのも、このゲームの醍醐味だ。

基本的なタックルの選び方

好ファイトを見せるニジマス。

私自身、エリアミノーイングを楽しめば楽しむほど反応させられる魚の多さに日々驚いている。

前回の特集との重複になってしまうものの、基本的なタックルについて紹介したい。

この釣りで最も使いやすいロッドの規格は5ft後半~6ft前半のスピニングタックル

テーパーは好みにもよるが、ティップの戻りが早いものがオススメだ。

参考ミノープラグ。

ルアー対応ウエートは2~10g程度。

バスタックルでも流用可能で、専用タックルでは『Rhyzmo 62/H.A.L』、『Pazzleシリーズ/CHASE&Bite!』がそれに当たる。

リールはスピングリールのダイワ、シマノともに2500番台にフロロカーボンラインの6lbs(70cmクラスまでのフィールドなら5lbsも可能)が基本だ。

ラインの細さで食いが変わることはあまり感じないものの、ミノーのアクション伝達の利点からフロロカーボンラインでも、硬めで伸びの少ないものを選びたい。

補足になるが気温が2度前後になる冬場の厳寒期はフロロカーボンラインが使いづらいので、その際は伸びの少ないナイロンラインを推奨したい。

次は実際にエリアミノーイングで私が使用しているミノープラグを以下に紹介したい。

カラーについては、とにかく人間側から見やすいカラーを基準に天候や水質に合わせて選んでいただけたらと思う。

H.A.L
月虫55沈&激沈
デンス50US
デンスMD70F

HMKL
HMKL ZAGGER 65F1』、『F』、『SP』、『SS
HMKL SHAD 65SR、MR
HMKL ZAGGER 50S

SMITH
DD Panish 65F、SP
DD Panish 80F、80S

DAIWA 
ダイワプレッソダブルクラッチ60F1、F、SS、75SS

アイジェットリンクメガララ77SP、BL』
ブラストイットミノー66F、SP、BL、50BL』

<週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎/TSURINEWS編>

【アクションやキャスティングの方法はこちら】

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。