多彩な魚が狙える根魚五目釣り!南房総は美味しい高級魚のパラダイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根魚狙いの釣りといえば最近ではロックフィッシュゲームとして、お手軽な釣り物に数えられて人気があります。関東でもカサゴやオニカサゴ狙いで人気のエリアがあちこちにありますが、中でも南房総はハタなどの高級魚を含む多彩なターゲットを狙う根魚五目釣りが盛ん。
なかなか簡単にはお目にかかれない高級根魚に出会える、南房の根魚五目釣りをご紹介します!

写真は釣れたカサゴをメーンに据えて釣り魚ディナーにしてみた様子です!

白井 亜実 白井 亜実

船釣り エサ釣り

  

根魚五目は狙い方いろいろ

南房の大型カサゴ。引きも強烈です!

南房エリアでは根魚五目釣りと一口にいっても、狙い方は様々。

魚の切り身エサなどで吹き流しの仕掛けや胴突きの仕掛けを用いる釣りのほか、秋頃からは活イワシを使った泳がせ釣り、またはライトゲーム感覚なひとつテンヤなどの各種テンヤで狙う場合もあります。

貸し切り感覚に近い少人数出船で色んな仕掛けで挑戦できる船もあれば、ひとつの仕掛けでじっくり狙う船もあります。

釣り方は釣り船を予約する際に確認してみましょう。

今回はひとつテンヤなどのテンヤを使ったライトゲーム感覚の釣り方をご紹介します。

お手軽な軽量仕掛けでボトムを探る「テンヤゲーム」

テンヤにワームをセット!ルアーでも釣れます。
スワップテンヤを使ったオリジナル仕掛け。
一般的にはひとつテンヤが人気です。

タックルはスピニングリールを使い、ミチイトの先にリーダーをつなげ、仕掛けはひとつテンヤだけというシンプルなもの。

ミチイトはPEラインの0.6~1号、リーダーはフロロカーボンラインの2~3号を使います。

使用するひとつテンヤは3~10号ほどで、いろいろなカラーを用意できると当日のヒットパターンを探すのに便利です。

釣り方はひとつテンヤに冷凍エビなどのエサをつけ、丁寧にボトムを探っていきます。

彼らの住処は基本的に岩場や根周り。
根がかりが多発する釣り人泣かせなポイントです。

仕掛けを無くすかもしれないという不安で、底まで仕掛けを落とすのが非常に怖くなりますが……。

足元に仕掛けを落としても、船を流していくのでコロコロ水深が変わります。
きちんとこまめに底を取りつつ、根掛かりしないよう少し上を狙います。

重りが底をついたらフワッと少し重りを浮かせ、またゆっくり底へ落とす。
このような動作を繰り返し、根に隠れているロックフィッシュを誘い出します。

自然な動きを演出して、海底にいる魚にエサをアピールしてあげることがとっても大切です!

なかなかお目にかかれない、アカハタや大カサゴが連発!

南房方面ではリレー釣りも盛ん。
根魚とイサキのリレーでお土産が華やかに。
こんな巨大なアカハタが釣れることも!

根気強く誘いを続けていると……突然竿先が曲がります。
根魚はアタリは分かりやすいので、アタリがあったらピシッと力強く竿先を上げて、即アワセます!

しっかりとフッキングし、重みを感じたら、素早くリールを巻き上げていきます。

うかうかしているとエサをくわえたまま根に戻られてしまい、その際に岩や根などで糸が擦られ、仕掛けごと切られてしまう恐れがあるからです。

アタリの出方は魚によって異なります。
ときにはマダイや青物も釣れてしまうのがひとつテンヤ釣りですが、ピクンという小さなアタリが出ることもあります。

どのようなアタリでも、即アワセ!が基本です。

9月に釣りに行った際にまず掛かったのは大きなカサゴ。
ゴンゴンという感じでパワフルな引きです。

高級魚のアカハタ、しかも良型をゲット!

ひときわ強烈な引きだったのはハタの仲間の高級魚アカハタ。

ガコンッ!!と竿先が入り、危うく竿ごと持っていかれそうなくらいの強烈な引きです。

リールを巻いてはググッと引っ張られ……を繰り返しながら、根に潜られないよう負けじとリールを巻き上げていくと……なんとも鮮やかなオレンジ色の大きな魚がゆーっくりと水面に浮かび上がってきました。

その姿は息を飲むほど美しく、まるで芸術品のようで、この瞬間の感動は忘れられません。
思わず飛び跳ねて喜んだことを覚えています(笑)。

根魚は居付きの魚。小さければリリースを

アカハタの酒蒸し。味付けの風味に負けない美味しさ!
こちらはアカハタのしゃぶしゃぶ。

自然の恵み豊かな白浜沖で釣れるアカハタや大カサゴは、大きければ大きい程味も絶品。

刺身は勿論、酒蒸しなどもとってもおススメです。

沢山釣って、沢山持ち帰りたい!釣り人なら当然そう思うところですが、釣行日は「リリース!」という船長のセリフを何度か耳にしました。

お話し伺ってみると、関東地方で釣れるアカハタはまだまだ希少だそうで、環境の良いこの南房でアカハタの住処を広げようと、アカハタを釣っては、少し離れたポイントへリリースする。という活動をしていたといいます。

そんな涙ぐましい努力の上で、今日私は釣りを楽しませてもらったのだということを知り、私もその想いを守っていきたいと思いました。

どうか、25cmほどに満たないアカハタは、楽しませてくれたお礼を告げて、リリースを。

釣り人皆で楽しめる釣り場を一緒に育てていくこともとっても大切なんだなと、海と魚、そしてそれを愛する釣り人の絆を強く感じた素敵な釣行でした♪

高級魚三昧で大満足♪

この記事を書いたライター

白井 亜実

白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。