お刺し身以外にもいろいろ応用!ワラサのオススメ料理レシピをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

持ち帰ったワラサは刺し身はもちろん、カマは塩焼き切り身を照り焼き、もちろん味噌煮竜田揚げも美味しい。ブリ大根の要領で調理してもいい。

おもに神奈川県で飲食店を経営している田口さんが教えてくれた、ワラサの調理法をいくつか紹介。
いつもとは違う食べ方に挑戦してみては。

あまさけや丸からの釣行記はこちら
タックルと釣り方はこちら

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年10月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

ワラサを三枚におろし、サクにした状態から調理を始めます。
余った頭はカマ焼きに挑戦してみてください。
コラーゲンも多く、美味しい部位です!

ポン酢サラダ

ポン酢サラダの盛り付け例。
あわせる野菜はお好みで、ワカメやオニオンスライスもあいます。

【材料】
・ワラサ(サク)
・野菜(レタスなど)
・香味野菜(ミョウガ、ショウガ、長ネギなど)
・ポン酢

【作り方】
・香味野菜を刻む(長ネギは白髪ネギにする)。
・その他の野菜を食べやすい大きさにして、皿に盛る。
・ワラサを薄めに下ろし野菜の上に乗せる。

香味野菜と一緒に交ぜて完成。
お好みのポン酢でどうぞ。

ワラサのユッケ風

ゴマ油と塩、ニンニクだけで簡単ユッケ風に。
コチュジャンやサンチュ、韓国ノリとの相性もグッド。

【材料】
・ワラサ(ざく切り)
・ゴマ油
・塩、コショウ
・ニンニク

【作り方】
・ワラサを小さめに切る。
・ニンニクをすりおろす。
・ワラサにお好み量の塩、コショウ、ニンニクを和える。
・ごま油を回しかけて完成。

※ごま油が苦手な人は、小さくしたワラサに焼き肉のタレを和え、卵黄を加えても美味しいです。

ワラサの漬け丼

ワラサの漬け。刻みノリやネギとあわせてご飯に乗せれば漬け丼に。

【材料】
・ワラサ
・正油
・みりん
・酒
・砂糖

【作り方】
・ワラサをそぎ切りにする。
・正油とみりんと酒を2対1対1の割合で混ぜ、砂糖を好みの量加える。
・このタレにワラサを和えて完成。

<週刊つりニュース関東版 本紙・宮﨑千恵/TSURINEWS編>

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。