船宿めぐり・喜美丸【千葉県片貝港】

何も目印がない海の上。GPSへ無数に打ち込まれたマークを目指して走る。魚探をのぞくと、やがてフラットだった海底に突然、人工物らしきものが現れ、その周囲には魚の反応がびっしり。「はい、〇~〇mでやって。」日々繰り返される船上の光景だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

ハナダイ釣りにこだわり

小栗山勝彦船長と健一若船長。

釣り船を始める前は、職漁船でヒラメの一本釣りをしていた。

その後、ヒラメではなく、ハナダイ専門の遊魚船に転向。

その理由はごくシンプル。

「ハナダイ釣りが好きだから」という、外房片貝港の喜美丸・小栗山勝彦船長。

ここ片貝沖には古いものから新しいものまで、数えきれないほど点在する魚礁のなかから、その日の潮を読み、蓄積されたデータと照らし合わせながらポイントやタナを決める。

「釣らせたい気持ちから、たまに語気が強まることもある。それも一つのやさしさかな……」と父親の人柄を話すのは、健一若船長。

少しこわもてで職人肌の勝彦さんと、人あたりの軟らかい健一さん。

絶妙な親子の掛け合いに足しげく通う常連は多い。

初夏、ハナダイは盛期を迎える……。

<週刊つりニュース関東版 佐藤/TSURINEWS編>

▼この船について
喜美丸
エリア:外房エリア
出船港:片貝港 

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。