海釣り公園へ出かけよう!初心者でも楽しめる釣り方をイラストで紹介

さあ、待ちに待った春の行楽シーズンで家族で釣りを楽しもうと計画中の人も少なくないはず。今回はそんなファミリーフィッシングにぴったりな「海釣り公園」に大注目。足場が良くて安全、施設が整っているから、初心者でも気軽に釣りが楽しめるゾ!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

簡単で爆釣?サビキ釣り

簡単で釣りやすいから子供や初心者でも楽しめる。

エサを模倣したサビキと呼ばれるハリが数多くついており、ズラリと鈴なりで魚をヒットさせることが可能なのがサビキ釣り。

対象魚はアジやイワシ、サバ、イサキ、コノシロ、ボラなどの小型魚が中心。

釣り方は、まきエサカゴにアミを八分目ほど詰め込み、底付近(魚の泳層によっては中層)で仕掛けを上下させるだけ。

振り出されたまきエサに寄ってきた魚が(動いている)サビキバリに食いつくというわけだ。

狙って探り当てろ!ちょい投げ釣り

もしかしたら大物が釣れちゃうかも?

主に底付近にいる魚がターゲット。

砂底ならカレイキス、岩礁近くならメバルアラカブなどだ。

場合によってはチヌスズキが掛かってくることもある。

主なエサはゴカイに代表される虫エサ

ハリが隠れるようにエサを刺し、周りの釣り人に気をつけて仕掛けを投入。

底に着いたらイトを張って待つ。

ときどき底を引きずってエサを動かして魚の食い気を誘うことも大切だ。

目でアタリがわかる!ウキ釣り

ウキが沈むのにアワセて釣れるととっても楽しい。

主に中層にいる魚を狙う。

魚がヒットしてウキが沈んでいく瞬間は心ときめくはず。

主にメバルやウミタナゴ、クロ、メイタ~チヌなどがターゲット。

エサはオキアミやダンゴエサなど。

まきエサ(オキアミに集魚材を混ぜたもの)をまき、そのまきエサが沈む煙幕と同調するようにハリのついたエサを投入する。

この季節は、あまり上層に浮いてくることは少ないので底付近にタナ(ウキ下)を調整することも大切だ。

最後に、足場の良い海釣り公園だが、ライフジャケット着用など安全への慮を怠らないこと。

また、帽子着用、水分もこまめに補給して熱中症にならないように気をつけよう。

ルールと体調管理に注意して楽しくみんなで釣ろう。

※海釣り公園では、釣り方(投げ、ルアー釣りなど)、まきエサ配合物(赤土禁止など)の制限が設けられているところもあるので、釣り方やルールを順守し、マナーを守って釣りを楽しむこと。

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。