船宿めぐり・大海丸【宮城県亘理荒浜港】

仲乗り修行のあと、舵を持つようになって18年。「ヒラメが看板です」と話すのは宮城亘理荒浜港大海丸・山川大海船長(37歳)。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

ヒラメに自信あり!

山川大海船長。

宮城の遊漁がカレイ根魚中心だったころ、先代がポイントを開拓。

亘理沖で釣れるとは誰も思いもしなかった。

「ヒラメが根に着く魚」ということすら知られていなかったという。

エサの確保も難しかった。

知り合いの漁師にカタクチイワシを分けてもらったと振り返る。

今のシーズンはクロメバル主体に出船。

良型鈴なりのイメージだが、釣れない日はある。

そんなときはマガレイへリレー。

「釣れない魚を狙っても仕方ないし、釣れすぎても飽きてしまう」と、ちょっとした船長の心配りが嬉しい。

さらに、同宿では海鮮処を併営。

ほっき飯海鮮弁当、9月~、はらこ飯などを沖上がりに提供。

カニ汁やアラ汁はお替わり自由で大人気。

サーフィンが趣味という仕事もプライベートも〝海大好き〟な大海船長。

例年6月から、得意とするヒラメがスタート

近くに高速インターができ、ますます近くなった。

素泊まりもOK。

大型が乱舞する様は必見だ。

<佐藤/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。