『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】

『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】

今シーズンも夏ビラメが始まりにぎわう外房・外川。6月21日(金)、源正丸に乗船した。本命の他、良型のクロソイなどゲストも多彩な釣果に。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部・四家 匠)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

源正丸で泳がせ釣り

4時ごろ、港中心付近の給油タンクがある堤防に駐車。陸側から3隻目が同宿。6人の乗船者が集まり、乗船料を支払ったあと、4時半に出船。

宮内正義船長が舵を持ち、霧のなか、航程30分ほどで銚子沖の通称”川前”と呼ばれるポイントに到着。道中はイワシの群れが魚探に映り、ミズナギドリが飛び回っている。

『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】船着き場詳細マップ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

2kgのヒラメ登場!

合図とともに投入。さっそくアタったが、型が小さいようでイワシを食いきれずに離してしまうようだ。ファーストヒットは石崎さん。いつも3、4人で遊びにくるという常連。

ポツポツと小型が上がる状況下、開始30分ほどで胴の間にいる小林さんが、竿を曲げると、ていねいに巻き上げる。上がったのはこの日最大となる2kgの良型。「泳がせ釣りが好きで、そのなかでもヒラメが一番」と言う。

「ヒラメはここにしか乗らない。腕がいいし船長が面白い」と続ける。

『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】早速2kg本命(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・四家 匠)

船中順調に追い釣り

右舷大ドモの高橋さんは83歳のベテラン。徐々に尾数を増やし5尾目を上げる。

『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】ベテランらしい腕前を披露(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・四家 匠)

右舷胴の間は、10年くらい通っていると話す矢野さん。安定して釣果を伸ばす。

朝イチの食いが落ちると食いが止まることもあったが、頻繁な移動で魚のいるポイントを探る。船長は紙の魚探だったころから根を探し回り、多彩なポイントを知っているからこその技。また、状況やポイントによってエンジン流しや横流しを切り替えるそうだ。

取材日は、水深30m前後のポイントが多かった。水深50~100mの深場を狙うこともあるらしい。電動リールタックルを用意しておくと安心。LTタックルでの同船も可能

オモリで底トントンはダメ

アタリが落ち着いたところで、船長に釣り方を聞くと「オモリは60~100号を用意してください。この周辺は根が低いので、オモリは80%底に着いているのが基本。残り20%が動いているイメージ。オモリが海底でトントン跳ねるのはダメ。それなら底を切ったほうがまだいい」と教えてくれた。

後半に入り、左舷ミヨシの大嶋荘一さんにようやくヒット。普段は竿頭の腕前を持つが、この日は不調。「ミヨシでよく釣ってるけど、きょうは厳しいね。この船には、4、5年通っているけど、船長が楽しい人だし、19尾って過去最高の釣果を出せた腕もある」とベタ褒め。

『外房夏ビラメ』船で本命にマハタ&クロソイなどゲスト多彩【千葉県】後半に良型で追い上げ(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・四家 匠)

次のページで最終釣果発表!