ボートメバリングで良型連発 ベイトの移動がキー【兵庫県・神戸沖】

基本メバリングはショアゲームが好きだが、年に1度ぐらいのタイミングで友人の中田君のボートでボートメバリングを楽しんでいる。3月29日の夜は、マリーナに集合し、兵庫・神戸沖へと出港した。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタックル

この日は風速3m、潮回りは中潮で干潮からのスタートフィッシング。ボートメバリングのキモは、その日のメバルが好む水深をいち早く見つけること。ジグヘッドの重さを調整しながら岸際へとジグヘッド&ワームをアプローチしていく。

当日のタックルは、ロッドが月下美人EXのAGS610LS-SMT-E、リールはイグジストFCのLT1000S-P、ラインが月下美人ラインTYPE-F(フロロライン)2lb。まずはジグヘッドにTG月下美人SWライトジグヘッドSS0.5g、ワームは月下美人ビビビーム1.5inchを選択した。

安定のガシラから!

最初は、表層付近を狙ってみたが、アタリがなかった。このところのメバルの活性を考え、次は3gのジグヘッドでボトム付近を狙っていく。

少しアクションさせてポーズを入れれば、次々とアタリがロッドに伝わった。しかし、釣れる魚はガシラ(カサゴ)ばかり! アベレージは20~25cmクラスだが、中田君は30cm近いサイズをゲットしていた。「安定のガシラ!」(笑)。そんな言葉が生まれたぐらいガシラは釣れ続いた。そこで、ジグヘッドを2gそして1gへと軽くしていく。

当日使用したワーム

29cm良型メバルヒット!

「これは、メバルじゃない?」ロッドを大きく曲げて中田君が叫ぶ。上がってきたのはやはりメバル。29cmのマッチョな個体だった。日本バスフィッングの最高峰、TOP50に参戦歴を持つ中田君ライトリグは得意分野だ。

いきなり良型メバルがヒット

この日のメバルは、障害物周辺に潜むと言うより回遊性が高いように感じた。潮が動きだすタイミングまではガシラ狙い、潮が動き始めるとメバル狙いとジグヘッドの重さをかえて狙っていく。

好調に釣れ続けるガシラとは反して、気難しいメバル。リリースサイズの20cmクラスはポツポツ釣れるのだが、狙いの大型メバルはパターンが見当たらなかった。

ボトムでスイミングが吉

潮が動き始め、魚探にはベイトフィッシュの群れが!ボトム付近まで沈めたジグヘッドを、ロッドを立てながらリールを巻いてスミングさせるパターンで狙ってみると、コン!

このアタリを鋭くアワせると、一気にロッドが大きく弧を描き、激しくメバルが暴れる。グイグイと深場へと逃げ込むメバルを、ロッドを曲げてドラグ音を響かせながら耐える。

やはり、大型のメバルは引きが強くて楽しい! 26cmぐらいなのでゴボウ抜き! 

上アゴにガッツリ

「これはデカい!」と中田君、大きくロッドを曲げて格闘しゲットしたのは29cmのデカメバル。大きなメバルは本当に美しいプロポーションだと2人感動してしまう。

次でパターン解説