《夏休みオススメ》エサタチウオ船:親子で刀狩り【神奈川県・忠彦丸】

7月16日(月)、学生時代の釣りクラブで一緒だった瀬口さんを誘って、東京湾金沢漁港の忠彦丸から、タチウオ釣りに出掛けた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

初心者でも丁寧なレクチャーで安心!

本日のタックル図

彼は、いまだに渓流釣りをしていて、先日も道志川で尺ヤマメを爆釣。しかし、タチウオ釣りにおいては、この日が初挑戦。

出船前の安田船長によるレクチャーを真剣に聞き入っていた。初心者にも分かりやすく、ていねいに教えてくれる。

7時半、25人を乗せて出港。30分ほどでポイントの木更津沖でスローダウン。

「海面から8mまで下ろして、あとは海面まで誘いあげて下さい」とのアナウンスで開始。

この釣りで大事なのは、エサの付け方。サバの切身が海中でくるくる回らないよう、まっすぐの状態を保つこと。エサの端の中央にハリ先を入れ、ダンゴ状にならないよう縫い刺す。装餌も出船前、船長に聞けば教えてくれる。

1投目から本命ゲット!

自分でゲットしたタチウオを見つめる三輪連太郎くん

1投目、数回めのシャクりにガツンときて、70ほどの本命をゲット。朝イチのチャンスタイムとばかり、船中あちらこちらで取り込まれていく。

右舷トモの金子さんにメーター近い良型がヒット。左舷トモ2番の白川さん(横浜市)にもグッドサイズがきて好スタート。

このあとも浅いタナを流し変えながら、おとといのトップ85尾には及ばないものの、順調に釣れていく。

瀬口さんは、初め今ひとつだったが、徐々にコツをつかんだようで、ポツポツと上げていく。

次ページで竿頭の誘い方を紹介!