釣り!つかみ取り!BBQ!秋の管釣り遊び尽くし【岡山県日名倉養魚場】

11月5日、「お魚と遊び隊Jhチーム」を率いて、岡山・東粟倉村の日名倉養魚場へアマゴ釣り&バーベキューを楽しみに出かけた。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2017年11月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

  

朝日を浴びながらの釣り

幸先のよいスタートのガールズチーム。
続いてボーイズチームも。

現地の気温は7度。

紅葉に色づいた山々はとてもきれいだった。

朝日を全身に受けて、早速釣り池でアマゴ釣りをスタートすると、ガールズチームが先に釣り上げた。

生イクラを小バリに2粒付けて、18cmサイズのアマゴを釣り上げたのは心咲さん、いきなりのヒットに驚いていた。

一方、杏奈さんは水中でのアワセのタイミングを外してしまい、数分遅れてようやくヒット。

どうやら上層の良型を狙っていたらしく、釣り上げたアマゴは20cmクラスのグッドサイズ

その後ボーイズチームにロッドリレーすると即、志温君がややサビの出た雄アマゴを釣り上げ、続いて瑛人くんがグッドサイズ、20cm超のアマゴをゲット

仲よく2度ローテーションして、一人2尾の塩焼き用のアマゴをキープした。

笑みがこぼれる昼近く

赤い斑点模様が美しいアマゴ。
みんなでワイワイ楽しくBBQ。

午前11時前、気温も上昇したところで、つかみ取りにも挑戦した。

家族へのお土産用にとアマゴを童心にかえって追いかけ回し、写真も撮り合い楽しそうだった。

しっかりアマゴと遊んだ後は、いよいよバーベキューを楽しむ。

炭の火力は上々、金網の上で野菜や肉、ピザなどに十分火が入ったところで焼きあがったアマゴが届く。

みんなで焼きたてのアマゴをほおばり、笑みがこぼれていた。

すっかりお腹も一杯になったところで、近くにある武蔵野星交流館の西側特設会場で実施されていた、「武蔵まつり」イベント会場に行き、動物ふれあいコーナーや地元の武蔵踊り、しゃんとこ踊り、大原音頭などを楽しみ、お菓子投げのお菓子もどっさりゲットして、楽しい思い出一杯の一日になった。

お魚と遊び隊Jhチームはお互いを助け合い励まし合う、とてもハッピーでアットホームなチームだった。

<週刊つりニュース関西版 APC・森雨魚/TSURINEWS編>

▼ 問い合わせ

日名倉養魚場

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。