コマセイナダ激熱!クーラー満タン大爆釣!【神奈川県茅ヶ崎港まごうの丸】

相模湾で出船しているイナダ釣りは、アミコマセを使い、付けエサはイカ短やオキアミを用いるのが一般的。
時にはウイリー仕掛けで掛かることもある。
ベイトとなるイワシなどが多いと、落とし込みサビキを使ってそれらを掛けて、落とし込むとイナダがすぐに食ってくる。
10月下旬、台風の合間を縫って茅ヶ崎のまごうの丸からイナダ釣りにへ出かけたのはオーナーばりの藤岡裕樹さん。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年11月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り

  

上層からねらうのが基本

活性が高いときには上層から。

午前6時に15人で出船し、ポイントまで5分。

田中雄太船長から、「アミコマセにイカ短なら、下バリが底から5mの位置にしてみて。

(水面から)5~10mにベイトの反応も出ているから落とし込みサビキでも掛かると思うよ」とのアナウンス。

さっそく新製品の「落し込みサビキ剛(曇天仕様)」にオモリ80号を付けて5mまで投入。

5~10mの指示なら上の方が活性が高いはずなので、上から攻めていくのがセオリー。

竿を上下させながら徐々に下の層を探っていくと15mにしたところで竿先がピクッと動く。

すかさず底まで落とし込む。

落とし込み特有のダイレクトな引き

落とし込み特有のガツンとしたアタリ。

オモリが着底した瞬間、竿が胴からガンガンとたたかれる。

クッションも天ビンも使用していない胴突き仕掛けならではのド派手な引き方

大判ビラメのような重厚な引きを味わい45cm1kgの本命を取り込んだ。

小さいながらも軸の太い専用バリががっちり口に掛かっている。

「この落とし込み釣りは、ハリのフラッシャーや皮を動かして、いかに小魚を掛けるかが第一です。

イワシなどは動物性プランクトンを捕食しているはずなので、それを演出するには、ルアーのように動かすといいです」と、手返しよく2回目の投入でもベイトが掛かり、落とし込んで本命がヒット。

コマセを詰める作業がないので、ダントツの速度で4尾の釣果。

やがてベイトの反応が抜けると、落とし込みサビキは成立しないので、吹き流し式に変更。

ハリスは船長お勧めの5号4.5m。

付けエサはイカ短が有効。

まだ水温が高く、オキアミだとフグなどに取られてなくなりやすい。

8時に移動となり、水深50mのポイントへ。

2点掛けも!嬉しい重み

今回のタックル。
時合いには2点掛けも!

45~42mのタナで船中、皆入れ食い

どれも40~45cmと食べごろサイズ。

食いがひと段落すると、再度移動。

こちらでもコマセを撒いて指示ダナに合わせると、ギュンギューンとヒットしずっしりの2点掛けも

やればいくらでも釣れる感じで、午後1時の沖上がりには、各自25~35Lクーラーが満タンに

後日、台風の影響が2度あったが、11月に入っても各港から好釣果が出ている。

是非ともクーラー満タン状態を1度、味わってほしい。

ベイトが回って落とし込みもできることがあるので、両方の仕掛けを持って出かけてみよう。

<青砥一生/TSURINEWS編>

▼この船について
まごうの丸 
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。