高級魚続々★響灘落とし込み釣り本格シーズン!【福岡県大里港宝生丸】

北九州市門司区・大里港の宝生丸に落とし込み釣りの予約を入れ、9月18日に釣行した。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年10月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

探見丸で船釣りがより快適に

予約は2人分入れていたが、前日に船長から「響灘ではウネリもないので、出港時間は午前8時にしましょう」との連絡があり、人数を聞くと私たちのほか3人とのことで、「あと何人か入れていいですか?」と聞くとOKが出たので、もう2人分の追加をお願いしての釣行となった。

今回のメンバーは、私たちのグループが戸畑区の佐田剛さんに西折さん、小倉南区の市原稔大さんで、あとは前田さん、藤村さん、吉田さんだ。

この船にはパーソナル魚群探知機の『探見丸システム/SHIMANO』が搭載されており、この落とし込み釣りには有利なアイテムだ。

探見丸があるおかげでベイトがどこに居るのかも分かり、海底の様子も分かって根掛かりで仕掛けがなくなることが少なくなる。

釣り場に着くと船長から「水深は75mで、ベイトの反応が水深50mの所から海底までにでているので、仕掛けを用意して出来あがったら(指示ダナでベイトを)掛けて下さい」と言われる。

探見丸を持っていない人が多いときには、1回ごとに「何メートルの所にベイトが居る」と説明をしてくれ、それを聞いて仕掛けを落としてもらう。

二枚潮で仕掛けの操作が難しい中、次々ヒット

6kgの見事なヒラマサ。

私は探見丸を見ながら仕掛けを落とすと、すぐにサオ先が海面に突き刺さった。

1投目からアタリがでたが、引きは青物のものではなく、上がってきた魚を見るとタカバ(マハタ)の1.5kg級だった。

左舷ミヨシの佐田さんにもアタリがでて、引きもよく上がってきたのはヒラマサの6kg級だ。

午前中は潮もよく動き、ベイトのイワシも中層で群を成していたので仕掛けによく掛かり、海底に落とすとすぐにアタリがでてくる。

この日は海底の所で二枚潮になり、通常だと75mで底に着くのだが、84m分落とさないと仕掛けが底に着かない状況だ。

落とし込み釣りが初めての西折さんはベイトの掛け方がよく分からず、船長の弟さんにアドバイスをしてもらうとすぐにコツが分かり、青物も掛かりだした。

今回は二代目船長候補の山崎颯太くん(小3)も同船しており、魚のことも詳しく釣りにもよく来ていて、この日もヒラマサの4kg級を掛けた。

巨大な3kgのアコウもあがった。

私の横で釣っていた市原さんは高級根魚のアコウ(キジハタ)タカバがよく掛かっていたが、青物が掛かってこないようだった。

サオを見ているとよく曲がっていて、上がってきたのはこの日一番のアコウ3kg級だった。

右舷船尾の前田さんの方を見ているとよくサオを曲げていて、上がってきていたのはヒラマサの4~6kg級で、4尾ほど取り込んでいた。

前田さんの横の藤村さんは青物が掛かってこないようで、アコウタカバなどを掛けていた。

また、右舷船尾の吉田さんはヒラメの2kg級を取り込んでいた。

今回は出港時間が遅かったためか、船長は釣り時間を延長して午後3時すぎまで釣らせてくれた。

ヒラメやマダイも落とし込み釣りのターゲット。

高級魚だらけ釣果多彩

プリッと切り身のエッジが立った極上ヒラマサ。

私は午前中ブリ3尾で、ヒラマサらしきアタリはあったが仕掛けを切って逃げられ、ヒラマサに嫌われたのかと思っていたが、納竿間際に5kg級を取り込むことができ、このヒラマサは帰って刺し身にして食べた。

この日の釣果は、青物は全体でヒラマサ中心に20尾の釣りになり、ヒラメ1尾サワラ1尾マダイ1尾アコウ15尾タカバ13尾となった。

これからは落とし込み釣りがシーズン本番となり、ほかにも沖五目釣り夜焚きイカ釣り(ブドウイカ)も本格化してくるので、釣りの計画ができたら早めに予約を。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
宝生丸
TEL:090-2084-6000
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。