秋のカセ五目釣りはお魚天国!【三重県フィッシングセンターマンボウ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはイカダ、カセのイメージはどういうものだろうか。やはりカカリ釣りのクロダイを思い浮かべるだろう。
そのカカリ釣りでエサ取りと呼ばれて嫌われている魚がいて、正体はアジサバなどおなじみの魚だ。
そこで今回は、あえてエサ取りをメーンに狙う、カセ五目に挑戦した。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2017年9月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

  

釣り初挑戦のドキドキ釣行

足場の良いカセは初心者でも安心の釣り。

9月8日、三重県志摩市三ケ所にあるフィッシングセンターマンボウでカセを予約。

メンバーは大平さん、石神さん、水野さんだ。
水野さんは釣り初チャレンジで魚が釣れるのか心配気味。

当日使用したエサ。

期待と不安のなか、午前7時半にスタートした。

深江浦のカセに到着して早速、五目釣りの定番サビキ仕掛けを用意する。

まず石神さんが『高鮮度真空アミエビ/ハマイチ』をかごに入れて投入。

底まで落として大きくしシャクるといきなりサオ先にアタリが出る。
上がったのは良型のアジ

アジ大好きの石神さんはいい笑顔だ。

しかし、これ以降アタリがぴたりと止まる。

次々いろんな魚がヒット!

初めての釣りに挑戦した水野さん、コノシロをゲット!

ここで大平さんは、サビキバリに『南極産おきあみL/ハマイチ』を付けて投入した。

底まで落としてシャクるとサオ先が持っていかれる。
上がってきたのは20cmを超えるマハタ

まさかのゲストに大平さんもびっくりだ。

早速水野さんの仕掛けにもオキアミを付けて投入。

2~3回シャクってしばらく待つと、ブルブルふるえるアタリ。
上がったのは小さなイワシだったが、初めて釣った魚に大喜びだ。

この後、エサをまいた効果でコノシロの群れが回遊してきてお祭り騒ぎになる。
落とせばコノシロが2連、3連掛けで上がってくる。

この時点でアジコノシロヒイラギイワシマハタと五目達成。
ここまで釣れるなら十目を目指すことにした。

目指せ十目釣り

桶いっぱいの釣果に笑顔!

大平さんはチョイ投げ仕掛けに変更して、イソメを付けて投げる。

しばらくすると小気味いいアタリがでて、上がってきたのは小ダイ
しかしこの後、大平さんはヒイラギの猛攻に遭いサビキに戻した。

すると今度はサバの群れがやってきて、中層で誘うとガンガンアタックしてくる。

3人ともサバを2連、3連掛けして楽しそうだ。

前日に雨が降り水潮になった影響で魚の数が少ないとはいえ、釣れないということはない。

スカリの中はたくさんの魚でぎゅうぎゅう詰めだ。

午前11時になり納竿。

釣果はアジサバイワシコノシロフグウミタナゴ小ダイマハタヒイラギと十目達成はできなかった。

しかし60匹を超えるくらいの大漁だ。

釣り初挑戦の水野さんは「すごく楽しかった」と大満足。

大平さんと石神さんは「魚影の濃さに驚きました。絶対また来ます」と次回の釣行予定まで計画していた。

なお、フィッシングセンターマンボウでは、今年から五目釣りコースを新設した。

設定は時間は午前8時~11時、午後1時~4時の2部制。
料金は大人の男性1人2500円、女性1500円、中学生以下は無料でカセ&イカダ五目が楽しめる。

皆さんも同プランで大爆釣を味わってみてはいかが。

<週刊つりニュース中部版 編集部・鈴木大輔/TSURINEWS編>

▼お問い合わせ
フィッシングセンターマンボウ
TEL:0599-57-3737

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。