カレイの魚影豊富な仙台湾でお手軽バイオワームフィッシング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人や子供に大人気のカレイ。唐揚げや塩焼きや煮付けなどその美味しさは群を抜き、食べると皆がほっこりする魚の王道であります。

昔から日本人に馴染みのあるカレイ。特に夏が旬のマコガレイは脂が乗っていて極めつけの食材としても知られます。

エサ釣りのイメージが強いカレイですが、最近はなんとバイオワームのターゲットとして人気沸騰中

そんなカレイのバイオワームフィッシングをここではご紹介いたします。

阿部 慶行 阿部 慶行

船釣り エサ釣り

  

仙台湾は北日本有数のカレイポイント!

広大な浅場の広がる仙台湾はカレイのポイントとしても一級。

仙台湾は長大な海岸線をもちながら浅い大陸棚が広がり、東北地方の中でも多くの魚が釣れるエリアとして有名です。

また親潮と黒潮がちょうどぶつかり合う位置に面しているため、多くのプランクトンや海草が育ちやすく、注ぎ込む河川も多いため、雪代(雪解け水)によって流れ出る山からの栄養がより海を豊かにしてくれる、魚たちの宝庫といっても過言ではありません。

四季折々の魚が顔を見せてくれる仙台湾ですが、特にカレイはとても魚影が濃いため、県外から多くの方々が訪れると共に、カレイ釣り大会が開催されたりするなど盛り上がっています。

カレイのバイオワームフィッシングはとってもお手軽!

バイオワームに対する驚きの食いの良さ。

カレイはイソメなどを使用したエサ釣りのターゲットとして人気で、皆さんそのイメージが強いと思います。
そんな私も今まではそのひとりでした。

しかし今、仙台湾ではそのカレイがバイオワームのターゲットになっているんです!

バイオワームというのは「食べても問題ない」素材でつくられた人工餌で、ルアーと生エサの中間に位置するエサです。これをハリにつけて使用します。

「カレイといったら生エサでしょう?」と、イメージがつきにくいかとは思いますが、いざやってみるとこれがまた果敢にアタックしてきます。

基本的にはイソメに似ているバイオワームを使用して誘いをかけアピールさせていくと、カレイがバイトしてくるんです。

ターゲットマガレイイシガレイマコガレイなど。

いかに生きてるようにワームを動かすか、そしてしっかりとフッキングさせるかがカレイのワームフィッシングの面白いところでもあり、奥が深い部分でもあります。

エサが苦手な方々や、女性や子供でも気軽にカレイ釣りを楽しむことができるので、是非カレイのバイオワームフィッシングを堪能していただきたいと思います。

気軽に楽しめるのがバイオワームフィッシングの魅力のひとつですが、何よりも積極的にアクションをかけていくことで、「釣れた」ではなく「釣った」と実感できるのがとても楽しいんです。

カレイの魚影が濃い仙台湾で、是非ワームフィッシングを楽しんで頂きたいと思います。

カレイをバイオワームで狙うためのタックルとは

ロッドは穂先の感度が重要。エサ釣りであれば通常カレイ竿やカワハギ竿を用います。

カレイをワームで狙うためには操作がしやすく感度に優れてるものがよいでしょう。

カレイは砂底に潜んでいるため、底取りがしやすくティップ穂先が少し入る穂先の感度の高いものバットパワー胴の部分の強度が強いものがお薦めです。

ティップが少し入るのが良い理由としてカレイのショートバイトでもしっかりとバイオワームを口のなかに入り込みやすいこと、つまり魚に違和感を与えずにセカンドバイトも誘発することができるためです。

バットパワーが強いものが良い理由はパワーが弱いと比較的重めのシンカーを使うため、ロッド操作をその分吸収してしまいうまくアクションすることが出来ないためです。

パワーが強いとその分しっかりとアクション伝達することができ、かつ引きの強いカレイの引きにも対応が可能なため優れております。

私が使用しているのは、ロックフィッシュ用ベイトロッド小型のベイトリールになります。

カレイ専用のルアーロッドはないため、こういったロックフィッシュ用のルアータックルを流用することで存分に楽しむことができます。

ベイトタックルにすることで底取りがしやすくなり、感度も高く、手返しもよいのでお薦めです。

参考までに仙台湾で使用しているタックルを下記に記載致します。

ロッド:ロックフィッシュ用ロッド7~8ft
【例】ロックスイーパー702EXH(Rocksweeper NRC-702EXH/AbuGarcia)

リール:ベイトリール
【例】紅牙100L(紅牙100L/DAIWA)

ライン:PE 1.5号~2.0号 120m
リーダー:フロロカーボン 25~30lbs
仕掛け:カレイ仕掛け3本針(スネークテンビンなどで接続)
シンカー:40号
ワーム:イソメ形状のもの 3~4inch
【例】ガルプ!サンドワームパワーイソメ

誘い方はリフト幅が重要!

仕掛けは操作性の良さが重要。

カレイをバイオワームで狙う場合は、いかにエサっぽく魚を騙せるかが勝負どころです
いくら好奇心旺盛なカレイでも、ワームが動いてくれないと見向きもしてくれません

そこでバイオワームをどのように動かせば効果的なのかを説明します。

基本的にはカレイ仕掛けの一般的なエサ釣り用の3本針仕掛けにワームを取り付けます。

カレイ仕掛けはさまざまなものが発売されていますが、幹糸が長いタイプだとナチュラルに誘うことができます。

ハリの数は多いほうがカレイに対してアピール力が高まりますが、操作性がオチてしまいます。3本針がバランスが取れていて良いでしょう。

例にあげますと『ナノ船カレイ3本針ロング/がまかつ』などになります。

ワームはハリにまっすぐになるようにセッティング。多少曲がったりしてもカレイの場合は問題ありませんが、極力まっすぐにしましょう。

カレイの口はそこまで大きくないため、ワームが曲がっているとスムーズに吸い込むことができなくなってしまいます。

そのためミスバイトやフックオフが発生してしまい、せっかくの機会を逃してしまいます。

まっすぐにワームをつけることでカレイが容易に吸い込めるようになり、しっかりとフッキングさせることができるため、必然的にミスバイトが減ります。

仕掛けを船の上から落とし、底に着いたら糸フケを取ります。
仕掛けの長さは大体50~80cmくらいが一般的で、仕掛けの長さ分をリフト持ち上げる)させ、次にイトのテンションを保ちながらフォール下ろす)させます。

こうすることで仕掛けの上バリのワームでアピールし、一番下バリのワームが常に海底にあるため、こちらで食わせることを意識します。

下のハリで食わせたら、次は中バリを海底に漂わせるため、先程よりもリフト幅を小さくして誘っていき、他の個体にアピールさせて食わせます。

中針に食ってきたら、次は上バリが海底に漂うようにさらにリフト幅を小さくして誘うとよいでしょう。

このようにリフト幅を調整することで誘いのバリエーションをつくり、その日のカレイの活性をいち早く見つけることができ、かつ多点掛けの確率も上がってきます。

その日のカレイに合うパターンを見つけることができれば、多くのカレイと戯れることができます。

合わせ方の大事なキーポイントはこれだ!

バイオワームフィッシングには、ルアーのようなゲーム性とエサ釣りの食いの良さを併せ持つ魅力があります。

カレイをバイオワームで狙う場合の合わせ方は、ほとんどエサ釣りと一緒になります。

バイオワームをしっかりとカレイに食わせる必要があるため、アタリがあった際は食わせの間が必要になります。

カレイのワーム釣りで大事なキーポイントを三つ押さえておけば、どなたでもしっかり釣れること間違いなし。

それがこの三つのキーポイントです!

「アワセるな食わせろゆっくり上げろ」

バイトがあったらそのままゆっくりとロッドをあげていき、追い食いを誘います

ここですぐにはアワセず、しっかりとカレイにワームを食わせてやります

次にバイトがあればさらにロッドを上げていきこれが自然とカレイの口にハリが刺さるフッキング動作となります。

もしこのときロッドの上げ具合が小さいと、しっかりと口にフッキングしないので注意が必要です。
巻き上げ途中にバレたりする原因になりますのでしっかりとロッドを上げましょう。

フッキングが完了したら一定スピードでリールをゆっくり巻いていき、存分にカレイの引きを楽しみましょう。フラットフィッシュならではの凧揚げのような走り方をすれば、かかったのはカレイです。

このように合わせのキーポイントさえ押さえていれば、どなたでも手軽に楽しむことができます。

バイオワームフィッシングの手軽さと、釣ったという実感は病み付きになります。是非皆さんも楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたライター

阿部 慶行

阿部 慶行

【OceanRuler FieldStaff】 【釣り河北ブロガー】 【週刊釣りニュースWebライター】 【fimoアドバンスアングラー】 東北地方を拠点にロックフィッシュメインで釣行しており、 ロックフィッシュのためなら北は北海道、南は九州とどこにでも行っちゃいます。 その他ジギングでの青物やサーフからのフラットフィッシュを楽しんでおります。 三度の飯より釣りが大好きです。