大分沖50cm超のモンスター級ギガアジが忘れられなくて……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大分沖の大型アジ釣りに釣行したときの魚の引きの強さ、食したときの美味しさが忘れられず、4月3日に大分市家島港釣吉丸で釣行した。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年4月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

あまりの大きさにまさかのハリス切れ

当日は、午前5時30分に9人で出港。
2時間ほどでポイントに到着後、早速釣座に行って準備を始めた。
船長が魚探で魚の反応を確認し、船を潮上に移動させたら釣り開始だ。

釣り方は、仕掛けを底まで落として1mほど仕掛けを上げる。
そして、サオを上下に振ってエサカゴからまきエを放出したら、再度仕掛けを底につけて魚のアタリを待つというもの。

少し待ってアタリがないときは、この動作を繰り返し行い、途中でまきエを詰め直す。

開始直後は、船を5~6回流したがアタリがないので移動。
20分ほど走ったポイントで釣り始めると、私に待望のアタリがでたが、5mほど巻き上げたときにバラしてしまった。
仕掛けを見るとハリスが切れていた
悔しい気持ちで仕掛けを交換し、再度釣り始めると魚の食いが悪くなった。
魚探には反応が濃く出ているので、どうやら潮の動きが悪いらしい。

50cm級のギガアジ盛んな展開

10時ごろ、少し潮が動いたのか私のサオにアタリ。
釣り上げたのは、50cm級の大型アジだった。
次の流しでも同型を釣ることができた。
時合いがきたのか、船中でも多くの人が大型アジを釣っている。
特に大きかったのが、力武さんが釣ったアジ。
1kgはありそうな超大型だった。

1流しごとにアタリが続いたが、5連続で釣ったころからまたもや潮が動かなくなってアタリが遠のいてしまった。
ミチイトを少し送り込んだり、張りぎみにしてエサカゴが底を叩くようにしたりと、魚の食い気を誘うがなかなか思うようにいかない。
たまにぽつんとアタリがあるくらいで厳しい釣りだったが、掛かるのはすべて50cm級だった。

超大型! これが大分沖のギガアジ。

午後12時30分、ポイントを移動して釣り始めるも状況は変わらず、1時30分にこの日の釣りを終了。
私の釣果は11尾だった。

帰港後、船長に話を聞くと「アジ釣りは大型を求めて沖に出ますが、潮が動く時間帯を狙って行きます」とのこと。
また、沖アラカブイサキ五目も好釣果が上がっているようなので、詳細は船長に尋ねてみてほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

【お問い合わせ】
釣吉丸 電話: 090-3011-3054

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。