船上ヒット続々!お土産のサバ&アジを存分に堪能!【愛知県・おざき丸】

4月20日、愛知県・南知多町片名港おざき丸アジ&サバ狙いで釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

午前5時半出船

午前4時すぎに現地へ到着すると、しばらくして仲間の余吾さんも到着。

受け付けを済ませ、空いていた左舷トモに余吾さん、胴の間に私と並んで釣り座を構えて準備を整えた。

午前5時半に出船。

この時間帯では、天気が良ければ東の空から昇る太陽をずっと眺められるのがうれしい。

美しい朝日を眺めながら。

この日も美しい朝日を眺めながらポイントへ向かった。

2時間ほどして、水深150mほどの大山沖へ到着。

グリーンスキンのサビキ仕掛けをセットし、支給されたアミエビをコマセカゴに詰め、船長の合図で開始した。

参考タックル図。

開始から15分ほどしたころ、船内でサバが上がった。

アジの指示ダナは底から5mだったのだが、中層でサバが掛かったようだ。

しばらくすると、余吾さんもサバを釣り上げた。

私も仕掛けを落とし込んでいる途中でサバがヒット。

電動リールを早巻きにして取り込み、血抜きをしたらすぐエラと内臓を取りクーラーボックスへ入れた。

サバは生で食べたいのだが、アニサキスも心配だ。

その後も途切れることなくヒット

その後サバを3匹ほど追加。

仕掛けを底まで落とすとアジらしいアタリがあり、上げると30cm近いアジが水面に現れた。

それを見ていた尾崎船長にタモ入れしてもらい、無事にゲット。

本命2種目ゲットの達成はとてもうれしい。

それからもアジがヒット。

尾崎船長から「水深が深いので、アジは追い食いさせてから上げてください」とのアナウンスもあり、アタったらゆっくり少しずつリールを巻いて追い食いを狙った。

「3匹ぐらい掛かったかな!?」と思っても、上げる途中にバレてしまったりで思うようにはなかなか上げられないが、途切れることなくアジやサバがヒットするので、とても忙しく手を休めることができなかった。

大変うれしい悲鳴だ。

そんな時、余吾さんから「今日は刺し身にしないの!?」との声がかかった。

前回の釣行では、余吾さんの釣ったばかりのアジを強引にもらって刺し身にして一緒にいただいたので、その催促のようだったが、「忙しいからごめんなさいね(笑)」と釣り続けた。

この日は天気が良く海上も穏やかで、海にいるだけでも幸せを感じられるような日で、コンスタントにくるアタリに感謝、感謝。

当日の釣果はアジ27~30cmが14匹、サバ25~40cmが12匹と大満足だった。

釣果に舌鼓

アジは刺し身、りゅうきゅう、生ハムに。

サバは刺し身、締めサバ、押しずし、福岡名物ごまさば、美味しんぼ第47巻に登場する締めサバサンド、またそれらのアラはみそ汁の出汁にしたが、どれもたいへん美味。

帰宅後の楽しみはコレ!

特に押しずしをバーナーで炙ったら、またこれが絶品だった。

いろいろな料理で「食」の方も堪能。

残りはダイレイの冷凍庫に入れて、少しずつ取り出しては刺し身を楽しんでいる。

なくなり次第、もう一度釣行したい。

<週刊つりニュース中部版 APC・JOFI愛知・森麻里子/TSURINEWS編>

▼この船について
おざき丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。