いざ神子元島へ!結果……寒グレ爆釣!相棒は全層仕掛け【伊豆下田沖】

2月3日、近所に住むM君と伊豆下田沖神子元島グレ釣りに出かけた。道中のエサ店でまきエサを練り、伊豆下田フィッシングには午前2時に到着。出船時刻は午前5時45分ということなので、少し仮眠を取った。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年2月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

6時25分ごろ神子元島に到着

神子元島の全景。
参考タックル図。

出船1時間前に起きて乗船名簿に記入し、定刻に出船。

約40分の航行で神子元島に到着した。

当日は北東風が強く、乗船客も7人と少なかったので、風裏になる西側の本場2番へ乗った。

満潮は午前7時半ごろなので、まだ上げ潮の途中。

潮は左へゆっくりと流れている。

流れのある釣り場なので、迷わず全層仕掛けをセットして実釣を開始した。

まずはサオ1本前に投入。

仕掛けがなじまないうちにマーカーが走り、25cmほどの尾長グレが食ってきた。

活性は良さそうだ。

2投目からは少し投入点をずらし、仕掛けをなじませてからアタリを出すように変化をつけて探っていく。

すると数投目、ミチイトを押さえていた指をバチバチと弾くアタリ。

1尾目とは違う重量感で、磯際で小気味いい突っ込みを見せる。

30cmを少し超える尾長グレをタモに取り込んだ。

トラブル発生……?

キープした10尾。

しかし、ここでトラブル発生。

最後の磯際の攻防の際、ウキがマーカーに当たってバウンドし、1.25号のサオの穂先を破損。

仕方なく予備のサオの1号で仕掛けを組み直して再開した。

そのころから潮が速度を上げて走りだし、川のような激流へと変化していった。

円すいウキだと軽いジンタンでは仕掛けの抜けが悪いので、水平ウキにチェンジして潮の中を釣っていく。

釣り座の左側には大きなシモリがあり、その先の磯には釣り人がいるので、流せる距離は30mくらいと短い。

しかも激流なので、なるべく短い時間で2~3ヒロのタナまで仕掛けが入るようにジンタンで調整しながら、35cmクラスのグレを拾っていった。

生かしバッカンに5~6尾キープしたころ、左側のシモリ付近で激震のアタリ。

それまでとは違う重量感でシモリへ走りだす。

潮流も手伝い1号ザオでは止められないくらいの引きだったが、なんとかシモリをかわし、際の締め込みに耐えて浮かせた獲物は、41cmの太った尾長だった。

当日の最大尾長グレ41cm!大満足の釣果!

M君もコンスタントに35cmクラスのグレを釣り続け、生かしバッカンは満タン状態。

リリースも含めると2人で35~40尾以上を釣り、午後2時の迎えで納竿した。
良型の尾長グレも出て大満足の釣行となった。

冬の釣行は道路が凍結している場合があるので、しっかりした冬装備の車で出かけることをお勧めする。

また、この時期は季節風で渡船が欠航する場合もあるので、渡船店にもよるが、出欠船の確認も忘れずに。

<週刊つりニュース中部版 APC・清水健一/TSURINEWS編>

  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。