午後から楽ちん親子釣行!東京湾でLTアジ釣り満喫【神奈川県川崎つり幸】

3月17日(土)、東京湾LTアジに釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

午後船をチョイス

「すげ~思い!」と言って上げてきたのはイシモチとの一荷。

前日に息子の保育園の卒園式や謝恩会があり、夜遅かったため、午後船をチョイス。

レンタカーに子どもを乗せ、都内の自宅を午前10時に出発。

東京湾川崎つり幸に向かう。

晴天で微風の予報、週末ということもあって、午後船は出船すると思っていたが、念のため船宿に電話確認すると女将さんから「出船しますよ~」。

11時30分、船宿に着いて受け付け。

料金を支払い、大人と子ども用のライフジャケットを借り、氷をもらってトイレを済ませる。

2隻の船の準備が終わり、正午から乗船開始。

波はない予報だったが安全第一でトモ寄りの釣り座に入る。

連日好調に釣れていることや、好天の誘いもあって、次つぎと釣り人が訪れて2隻でも片舷10人以上でぎゅうぎゅう。

左舷トモの人は「きょうは34尾で自己記録更新です」。

午後0時15分に「3隻出しにします。大きい船のほうがいい人は移ってください」と幸田一夫船長。

すでに釣り座をセットしていた中型船のほうが舷高が低く、うちの息子の身長で竿を出せるぎりぎりの高さだったが、混んだ船でオマツリして周りに迷惑をかけるのも嫌だったので、大型船に移動。

大型船は、片舷5人とゆったり。

しかし、身長110cmの息子には竿が出しづらい。

そこでクーラーを横に寝かせてその上に立たせるようにした。

高さの面ではちょうどよくなったが、クーラーによっては破損もありえるのでそれは覚悟の上。

船ベリに乗り出して落水するような高さではないが、引き波がくるときは息子をしっかり抑えるなど、目を離さないようにした。

遅れて来たグループがいたため、大型船だけ定刻よりも遅い0時50分に出船。

ポイントに到着

身長が低い場合クーラーを踏み台にするのも一手だが、子供から目を離さないようにしよう。

航程15分でポイントに着くとすでに広範囲に船団ができており、「水深は17mです、下から1.5mでやってみてください」のアナウンス。

レンタルしたビシにイワシミンチのコマセを詰め、ハリには支給の青イソメを切って付ける。

投入からは息子一人でできるので竿を渡す。

私も置き竿で、と思っている矢先に「アタったよ」と息子。

ビシの取り込みはフォローし、抜き上げもやらせてみる。

20cm超えの本命が上がりニッコリ。

コマセを振ってタナで待つと、ほぼ毎回アタリがくる。

潮回りは大潮で、上げ潮が効いている時間帯もあってか活性は高い。

参考タックル図。

両隣を見ても次つぎ上げている。

しかしなぜか取り込みや途中でのバラシが多い。

息子が釣っている合間に自分も竿を出し、ダブルやイシモチとの一荷も交え、あっと言う間に納竿の4時すぎを迎えた。

全体的にサイズがよく、20cm以下は1割で22~25cmが揃った。

トップは60尾。

二人三脚で上げた私たちの釣果は46尾にイシモチ。

16Lのクーラーが満タンになった。

3人家族には十分すぎる量だったので、保育園の友だちを誘ってアジパーティー。

刺し身南蛮漬け、干物を振る舞った。

刺し身とあぶり。

なかでも一番美味しかったのは、あぶり。

皮をはぐとサラダ油を塗ったかのような脂の乗りなので、刺し身も美味しいが皮をはぐ前にバーナーであぶって食すと、カリッとした皮の食感と、舌の上でとろける脂が最高のハーモニー。

あっと言う間にたいらげてしまった。

南蛮漬け。

甘酢の漬け汁を煮立たせたあと、薄切りにしたタマネギとニンジンを漬け込む。

このほうが野菜のシャキシャキ感を味わえる。

干しブドウを入れると、野菜が苦手な子どもも食べやすくなる。

<東京・青砥一生/TSURINEWS編>

▼この船について
つり幸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年3月30日号に掲載された記事を¥再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。