オイカワの産卵床づくり 〜持続可能な⾃然環境の構築〜

オイカワの産卵床づくり 〜持続可能な⾃然環境の構築〜

こんにちは。バリバススタッフの諸井です。
先⽇、6⽉29⽇、⽇本釣⽤品⼯業会が主催する「LOVE BLUE 事業」の取り組みとして、オイカワの産卵床づくりを⾏ってまいりました。
場所は埼⽟県⼊間市内を流れる霞川。
霞川は⼊間川⽔系の河川であり、調査から遺伝学的に在来種であることが確認されています。
河川環境の健全化と資源量の管理を⽬的とした、オイカワの産卵床づくりの取り組みを始めて、今年で3年⽬になります。
当⽇は⽇本釣振興会埼⽟県⽀部、⼊間漁業協同組合、(株)モーリスが協同で作業を⾏いました。

今回も2種類の産卵床造成⽅法を⽤いて⾏いました。
1. 河床耕うん
2. 産卵に適した砂礫を⼈為的に配した産卵床づくり

ひとつ⽬の『河床耕うん』
鍬などで耕すことで川底に溜まった余分な泥が流され、産卵に適した底質にします。
砂礫どうしに隙間ができることで、卵が流されにくく、孵化するまで新鮮な⽔が供給される⽔通しの良い川底になります。

畳⼆畳分を耕し、⽬印と経過観察のためにロープで養⽣します。

ふたつ⽬の『産卵に適した砂礫を⼈為的に配した産卵床づくり』
造成する区画の⽬安として、畳⼀畳分の⽊枠を作ります。

⽊枠が流されないよう、四隅に鉄筋を打ちます。

⽊枠を⽯で固定するとともに、⼤きめの⽯で砂礫が流されないよう『⽌め』を組みます。
『⽌め』は増⽔などで流速が速くなった際に、産み付けられた卵の流出を防ぐ役割もあります。

『⽌め』の内側に産卵に適した直径2cmほどの砂礫を配します。

できた産卵床はこのような感じ。
『⽌め』の中に砂礫があるので、流出は防げそうです。

最後に⽬印のロープと⿃除けのテープで養⽣をして完成です。

これからも地域、団体と協⼒し、持続可能な⾃然環境の構築に取り組んでまいります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. osamu osamu

    未来を担う取り組みお疲れ様でした。

コメントするためには、 ログイン してください。