日によってはブラックディグが効く!?

日によってはブラックディグが効く!?

12月19日、平塚の庄三郎丸さんでアマダイ釣り大会が開催されました。
参加者は釣り具メーカーのみ!なので自然と気合が入ります。

タナは120m前後、オモリは60号指定。
各メーカー得意とする釣法でアマダイに挑みました。
チームSANYはもちろんディギング釣法で。
まずは基本のディグアーム(アマダイピンク)を使いました。
仕掛けはがまかつさんの“小突きアマダイ 1.6m”
親子サルカンではなくクロスビーズを使っているので、仕掛けが軽く、ディギング釣法にはベストマッチの仕掛けです。

暗い潮にはブラックのディグシンカーが良いのかも・・・

この日のポイントは潮が流れず、やや暗く。
開始からしばらく船中ノーピク状態!船も移動を繰り返しました。

そんな中、チームSANY宮原がディグアームを、ディグシンカーブラック+ハイブリッド天秤にチェンジ。
すると途端にアタリの回数が増えてきた!
赤ボラ、レンコ鯛、トラギスなどいつものメンバーが次々と顔を見せてくれます。
そして極々小さなアタリの後にググッっと大きく引き込みが!!
慎重なやり取りの末に上がってきたのは、マトウダイ!
見れば口元に10cm程のマイクロアマダイが付いていました。

ブラックディグ絶好調

上向いてきた宮原を横目に、チームSANY高柴もブラックディグに。
変更後の一投目、ディグからの誘い上げで大きくヒット!
竿先をガクガク叩きながら上がってきたのはワニゴチ。

そして宮原、高柴共に小さいながらアマダイ、オニカサゴと連れ続く。
高感度にこだわってディグアームを使い続けていた私も、たまらずブラックディグに変更。
この時点で釣れていたのはトラギスが数本・・・

ついに来た!入賞サイズ!!

船の揺れがあるので、底を叩けるタイミングで素早く丁寧に叩き、
仕掛け1.6m分ゆっくり誘い上げ。
誘い上げ切ったところで数秒ステイ。
からのグンッっと重くなったようなアタリ!
すかさずリールを巻き合わせ。
上がってきたのはミドルサイズのアマダイ!!

この日のポイントはマイクロアマダイが多かったようで、他のメンバーも上がってくるアマダイは平均10cm前後のサイズ。
ゲストの活性もとても低かったです。
この33.5cmがそのまま3位に入賞しました。
1位;40cm
2位;34cm

ブラックディグに変えてからはオニカサゴにワニゴチを追加。

ディギングの注意点!

ディギング釣法は海底の砂をコマセ代わりにし、アマダイを寄せる釣法です。
船が流されたり、潮が流れたりで、オモリが流され底から浮いてしまうことがあります。
しかし底に着けることを意識するがあまり、ラインを伸ばして底立ちを取る行為は絶対NG!!
ラインはどんどん斜めになり、オマツリの原因に!
ラインが斜めになっては、小突いてもディグシンカーを引きずるだけなのでディグ効果も発揮しません。
浮いて底立ちが取れなくなったら、20m程巻いて落としなおすなど、ラインが真っすぐになるように丁寧に底を取り直してください。
そして底立ちが取れるタイミングで素早くディグる。
誘い上げる。
喰わせる!

この日は片舷9人胴の間でやっていましたが、丁寧な底立ちを心がけていたので、他の釣法の方と混じっても全く問題なく一日過ごすことが出来ました。
砂地のアマダイにはディギング最強です!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。