身近なターゲット!波止メバルを攻略しよう!【釣り方編】

春告魚といえば、中部地区で最もなじみがあるのは近年不漁が続くコウナゴだろう。だが全国のアングラーに春告魚は?と聞けば間違いなく返ってくる答えはメバルだ。愛らしい目と小気味良い引き、抜群の食味でアングラーを魅力するメバルを、今回は堤防から狙ってみたい。

タックル&エサ&仕掛け編はコチラ

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

釣り方

【ウキ釣り】

波間に漂う電子ウキの光は幻想的。

ウキ釣りのキモはやはりタナ取りだろう。

活性が高いとメバルはベイトを追って水面でボイルするほど浮く魚でもある。

逆に活性が低いと底べったりになることも。

セイゴばかりヒットするときは、すぐにタナを変更しよう。

アワセはウキが沈み込んで、明かりが見えなくなるぐらいまで待ってからアワせよう。

特にムシエサを使っているときは、遅アワセの方がいいようだ。

【ミャク釣り】

虫エサを使用する時は、頭部へのチョン掛けで。

ミャク釣りはノベザオの角度で探るタナを自由に変えられるのが強み。

いったんサオ先を水面近くまで下げ、少しずつ誘い上げたり、逆に水面から少しずつテンションをかけながら落とし込んでいく誘い下げが効く。

アタリはいきなり穂先をひったくったり、もぞもぞと居食いのような感じのときもある。

怪しいと思ったら、少しサオ先を上げて聞いてみよう。

たかだか20cm程度の魚だが、軟調ザオを大きく絞り込んでくれる釣趣は最高だ。

【ブッコミ】

モエビもよく使われるエサ。

ブッコミは沖のカケアガリを狙う釣り方で、狙うのは必然的に底付近に限定される。

そのため、ウキ釣りやミャク釣りで反応がないときの、最終手段的な釣り方でもある。

また、高確率で根魚が釣れるため、ボウズ逃れ的な釣り方でもある。

捨てイトを長めに取った胴つき2~3本バリを軽くチョイ投げし、沖の捨て石周りやカケアガリを攻める。

キャストして底を取った後、仕掛けを動かさずアタリを待つ。

しばらくしてアタリがなければ底を引きずらないように、オモリを持ち上げるイメージでサオをあおって仕掛けを浮かせ、再び仕掛けを落とす。

メバル狙いとはいえ、やはり根周りを攻めるため、オモリで底を引きずると高確率で根掛かりしてしまう。

ゲストにマダカやセイゴがヒットすることも。

リフト&フォールのイメージで探っていこう。

アタリはオモリが着底した瞬間に出ることが多い。

手持ちで探っているとダイレクトにアタリが伝わるため、即アワセしがちだが、ワンテンポおいてからアワせた方がハリ掛かりしやすい。

最後に

中部地区でメバルを狙うには、ベイエリアでは名古屋港四日市港などが代表的な釣り場だが、近年釣り禁止の場所が急増している。

その原因は釣り人のマナー。

ゴミのポイ捨て、違法駐車、港湾関係者とのトラブルなどがそうだ。

また日本海伊勢志摩方面でも、釣り人に対して良くない顔をする地元の人が増えているとの話も聞く。

釣り人はあくまで港など漁業設備で「釣りをさせてもらっている」という意識を忘れず、マナーやルールの厳守を心がけて釣行していただきたい。

今年のベイエリアを含め、波止のメバルはあまりいい話を聞かない。

相次ぐ寒波襲来の影響か、魚がいても口を使わない状況が続いている。

だが、体感的にまだまだ冬でも春は確実に近づいている。

3月中旬を過ぎ、桜前線の便りが聞こえるころには各地で本格化するはず。

とても身近で手にしやすいターゲットであるメバル、寒さが緩んだ夜にはサオを片手にのんびり出かけてみてはいかがだろうか。

タックル&エサ&仕掛け編はコチラ

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。