相模湖で気ままにワカサギ釣り 12.5cm頭に358尾【天狗岩釣り案内所】

相模湖で気ままにワカサギ釣り 12.5cm頭に358尾【天狗岩釣り案内所】

12月21日(土)、神奈川県西部にある相模湖の天狗岩釣り案内所からワカサギ狙いで釣行した。当日は、早々に4点掛けするなど好調で、最終釣果は12.5cmまでを358尾と満足のいくものとなった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

天狗岩釣り案内所でボートワカサギ釣り

相模湖で気ままにワカサギ釣り 12.5cm頭に358尾【天狗岩釣り案内所】相模湖周辺図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

多くの淡水釣り場が禁漁になり、釣れる魚が制限されてきた。そんな冬の風物詩といえるのがワカサギ。トイレや暖房が完備されたドーム船が運行されているから嬉しい。

当日は、未明のうちに相模湖の天狗岩釣り案内所に到着。車中で暖を取りながら朝食を済ませ、受け付け開始を待つ。ドーム船かボートが選べ、私は後者が好き。寒いが船中1人で気楽なのがその理由だ。

ホテル下水深10~13mのポイントでスタート

引き船されて連れて行かれたのは、桟橋からすぐ近くのホテル下のポイント。日連大橋下流の左岸と言った方が分かりやすいかもしれない。水温9度で薄濁り、水深は10~13m。

相模湖で気ままにワカサギ釣り 12.5cm頭に358尾【天狗岩釣り案内所】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

スピニングタックルと電動リールを用意していたが、後者を選択。ロッドはグラス削り出しの自作で35cmの軟調先調子。仕掛けは袖バリ1.5号の7本仕掛け、エサは紅サシ。

6~7cmの4点掛けで好スタート

相模湖で気ままにワカサギ釣り 12.5cm頭に358尾【天狗岩釣り案内所】ポイントの様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

岸寄り水深10mの場所で開始。仕掛けを湖底まで下ろすとすぐにピクピクと反応があり、6~7cmが4点掛けと上々のスタート。

「順調に釣れ続くのでは」と思ったが、開始から30分をすぎてからアタリはピタリと止まってしまう。そこで、ボートをすこし沖へ出してみる。水深は14mだ。

2~3回、誘いをいれるとグンッと強いアタリ。すかさずアワせて引き上げると、電動リールは空回り。イトをたぐって引き寄せると12.5cmのビッグサイズだ。時には3年物の15cm級が釣れる湖なので引きが楽しめる。

鈴なりとはいかないものの8cm級がポツポツ釣れ続く。湖沼のフライフィッシングやアユのトモ釣りがメインである私にとって、じっと座って釣りをするのはかなりの苦痛。コーヒータイムをいれながら、時々、体を伸ばして休憩しながら続ける。

狐バリ仕掛けに変更

10時半をすぎ、追い食いさせようとしても掛からなくなる。そこでエダイトを長くとった狐バリに替えて1尾1尾仕留めていく。このハリは掛かりやすいがバレやすい。食いが悪い時はこちらの方が確実に魚を手中にできる。

そんなこんなで、みるみるうちに時間は経過、16時に納竿した。

次のページで最終釣果発表!