【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説

関東近郊の各地でヤリイカの釣果が上がりだし、期待が高まる。ファン待望のシーズン間近、ヤリイカ釣りを解説する。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:とび島丸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

ヤリイカのタックル

ミチイトやオモリは船宿の指定があればその号数を用意。予約時などに確認するといい。オマツリ軽減のためにもルールは守ろう。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説ヤリイカのタックル例

仕掛け

仕掛けはサバが多い場合や手返しを上げたい時は直結。

それ以外の場合や慣れていない時はブランコを使う。イカが乗ったとき、多少ミチイトを張ったり、緩めたりしても容易に外れないので、ビギナーにも扱いやすい。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説11月10日・とび島丸

プラツノ

プラツノは11~14cmがメインだが、スルメイカが交じる場合は18cmを使うこともある。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説プラヅノ(手前11㎝、奥14㎝)

スッテ

スッテは状況によっては効果を発揮するので、ひとつは持っておこう。定番カラーは赤白。

中オモリ

ミチイトとミキイトの間に付ける中オモリはなくてもいいが、使うことにより海中でツノやスッテがトリッキーに動き、よりイカの興味を誘う。

また、仕掛けの回収時にイトが風に吹き上げられ、竿絡みを回避できるので、10号前後の中オモリを用いることをお勧めしたい。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説釣り座のセッティング例

投入~誘い

開始の合図があったら正面にオモリを投げ入れる。着底したらイトフケを取り、小刻みにシャクって1mほど誘い上げ、3~4秒待つのが基本。

指示ダナの上限まで探り、アタらなければ再び落として誘う。高活性時は着底した時点で乗ることもあるので、油断は禁物。

当日のヒットパターンをいかに早く見つけられるかが、数を伸ばすカギ。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説ヤリイカの誘いのイメージ

アタリ~取り込み

アタリがあったら少し巻き、追い乗りを待つ。何尾か掛かったところで電動リールの中速以下で巻き上げる。

海況が悪く船の揺れで外れてしまう場合は、無理に多点掛けを狙わず1尾ずつ確実に拾う。

海面まで巻いたら、なるべくイカに近い部分のイトを持ち、テンションを緩めないように気をつけて一気に抜き上げる。

【2019関東エリア】ヤリイカシーズン突入 釣り方のキホンを解説11月16日・儀兵衛丸

美味しく食べる

取り込み後は鮮度を保つため、生きているうちによく水を切り、ビニール袋に入れて、氷の効いたクーラーへ移して保存。

イカを直接、氷や真水にあてるとたちまち白濁してしまう。料理は食味のみならず見た目も大切。イカは透明感があり、新鮮なものが一番。

釣りたてのヤリイカはどんな調理法でも美味だが、特に刺し身は絶品。上品な甘みが味わえる。コリッとしたさっぱり感を好むのであれば、その日に。

しっとりとした舌触りを好むなら、二、三日冷蔵庫で寝かせてから食すといい。

次のページでおすすめ船宿6選を紹介