侍Dr.近藤惣一郎のお悩み解決!フィッシングクリニック【オニカサゴ】

今日の問診票:オニカサゴ根掛かり病

オニカサゴは釣っても食べても最高で、大好きな釣りなのですが、積極的に底を攻めると根掛かりを頻回に起こしてしまいます。逆にタナを上げ気味にするとアタリが出ません。何かよい対策はありますか。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

診断結果

根掛かりを恐れていてはオニカサゴに限らず根魚を積極的に釣ることはできません。しかし頻回に根掛かりを起こすと時間や仕掛けをロスしてペースを乱し釣果に大きく影響します。
根掛かりを起こさず魚を釣るためには、しっかり海底形状の変化を船の動きを含めてイメージし、仕掛けが海底をトレースできること、つまり如何に最適なタナ取りをできるだけ多い時間できるかにかかってきます。
今回は「ショートハリス+先調子ロッド手持ちスタンディングスタイル」により、根掛かりを防ぎつつ、最適なタナ取りを効率よく行う方法を紹介します。

処方箋:ショートハリスの攻めスタイル

操作性を重視したタックルで根掛かりを回避しよう。

オニカサゴ釣りのハリス長は一般的に1.8~2m。
潮が速いときは長目、緩いときは短めがセオリーとされているようです。

しかし私は1.2mのショートハリスでロッドを終始手持ちスタンディングで攻めることを基本にしています。

仕掛けを投入し海底が近づいたら、余分なイトフケを出さないためにスプールにサミングを掛けながら丁寧にオモリを着底させましょう。

イトフケはサオ先を海面に向け、リーリングや「JOGパワーレバー(ダイワ電動リールの片手で操作できる巻き上げ機構)」で瞬時に巻き上げ即戦闘体勢に入れることが大切です。

タナはテンビンとオモリの位置が底からハリス長の半分になるところが目安です。

このときリーリングで仕掛けを上げるのではなく、私は海面に向けたサオ先を上げるロッド操作で行います。

胴に曲がり込んだり、軟らかいロッドでは素早い正確なタナ取りはできません。

操作性の高いタックルで根掛かりを防ぐ

近藤先生のオニカサゴタックル。

ロッドは7:3~8:2の先調子で、釣り人のロッド操作がタイムラグなくダイレクトに仕掛けに伝えられるものが必要です。

1.2mのショートハリスならサオ先を60㎝上げるだけだからです。

ショートハリスだからこそできるこの戦略は、特に根回りや水深が変化するポイントで有効になり、この方法でならこまめにタナを取り直すことで船の動きによる水深変化にもタイムラグなく対応、それ自体が誘いになるのです。

長ハリスの場合、例えば2mハリスだとテンビン・オモリを1m上げなくてはなりません。

この場合、単純にサオ先を上げるタナ取りだとサオ先が上がりすぎるのでリーリングでのタナ取りになります。

リーリングでのタナ取りはどうしてもタイムラグができたり、サオ先の位置がぶれることでタナが不正確になりがちです。

魚の活性が高いときではタナが上ずるとはいえ、オニカサゴは底にいる魚です。
エサが底から離れすぎればアタリは出ません。

ハリスが短ければ、心理的に根掛かりの心配が薄れ、テンビン・オモリが底を叩くよう、正確に底をトレースし攻撃的に底を攻められます。

一方長ハリスだと、海底形状が複雑であったり潮が緩いときは根掛かるリスクが増え、タナをとる際もついつい心理的に仕掛けを上げすぎてしまい、タナが上ずることが多くなってしまいます。

長ハリスはサオ操作で天秤を動かしても、その動きがダイレクトに餌に伝わり難く、タイムラグによって根掛かりが増えたり、魚からのシグナルも見逃しやすくなるのです。

落とし込む操作でアタリを出す

泳ぐイワシをイメージできるサバ餌がベスト。幅も細くせず2㎝以上に。長さだけでなく幅があったほうが、視覚的アピールも増します。

通常のタナ取り誘いでアタリが出にくいときは、一旦2~3m時に5m巻き上げてから、落とし込む「フォーリング」が効果的です。

テンビンが着底しても直ぐにサオ先を上げず、数秒はそのまま待って魚にエサを喰う時間を与えるのがコツと考えています。

この戦法でアタリが出るときは一般的な1.8~2mの長めの仕掛けが有利になる場合があります。

フォーリング後に限らず、アタリを感知した際の即アワセは厳禁。

船の動きが速いときなどは、サオ先を下げたり状況によってミチイトを2~3m送り込んで、魚にエサを喰わせましょう。

イトフケを作らないよう、数秒から数十秒待ち、張らず緩めず、時々聞き上げ、魚が付いていることを確認したら、アワセも兼ねてサオ先を目線まで上げるのです。

バラさないよう丁寧に巻き上げよう

オニカサゴは水圧変化に強い魚。海面で針が外れた場合、潜って逃げられてしまいます。最後まで気を抜かずにタモで取り込もう。

クンクンと頭を振るオニカサゴ独特の動きを目感度、手感度で感じることもあれば、重量感のみ感じることもありますが、魚が付いている感覚があれば、電動リールの中速で巻き上げを開始。

大切なことは 巻き上げの際にサオ先の上下で船の揺れを緩衝し、また途中で巻き上げスピードを速めたり、遅めたりしないこと。

ラインテンションが変わると、針が外れるリスクが高まるからです。

最近の高性能先調子ロッドは魚を掛けてからの粘りも兼ね備えていますが、やはり置きザオではなく、終始手持ちスタンディングでやりとりを行うことが好釣果をもたらすと考えます。

ショートハリスで根掛かりを恐れず、手持ちスタンディングのロッド操作で、仕掛けをタイムラグなく動かし、迅速且つ正確なタナ取りを行えば、好釣果を得ることができると思います。

成長の遅い魚なので小型はリリースを。
近藤惣一郎医学博士・京大卒。SOグレイスクリニック院長。脳外科・美容外科専門医。DAIWA沖釣りフィールドスタッフ。
ロンリー侍ドクターとして各種メディアで活躍中。

<近藤惣一郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。