テンヤ釣りで越冬前の『荒食いマダイ』を狙う 50㎝級顔見せ【錦江湾】

テンヤ釣りで越冬前の『荒食いマダイ』を狙う 50㎝級顔見せ【錦江湾】

10月1日に鹿児島県・錦江湾で、ひとつテンヤにてマダイを狙った。エビは友人が用意してくれたので、タックルとクーラーだけを積んで越冬前の『荒食いマダイ』を狙った。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

錦江湾でテンヤマダイ

午前5時に到着すると、夜明け前の暗闇にエンジン音が心地よく響いていた。東の空が明るくなり、桜島の稜線が見え始めたのを合図に、ポイントである一文字堤防沖へ向かった。

今回は、一文字堤防沖~石播堤防沖を流しながら越冬前のマダイを狙う。友人が魚探とGPSでポイントを探っている間にタックルを準備。「ここから流そうか」と、声が掛かり釣り開始となった。 

テンヤ釣りで越冬前の『荒食いマダイ』を狙う 50㎝級顔見せ【錦江湾】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

テンヤマダイの誘い方

エビが真っすぐになるように、親バリを刺して孫バリをセット。サイドキャストし、ボトムまでフォールさせる。この釣りでのキモは、必ず着底したことを確認することだ。マダイはボトム付近の岩場や岩礁、人工魚礁などに潜んでいる。

テンヤ釣りで越冬前の『荒食いマダイ』を狙う 50㎝級顔見せ【錦江湾】アクション例タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

着底が確認できないとマダイへのアピール度が低いので、釣果に結びつく確率も低くなる。着底を確認できたらラインスラックを取って大きくシャクり、次にテンションフォールさせてボートで流しながらマダイへのアピールを続けた。

時々、アタリはあるがエサがなくなるだけでヒットに繋がらない。その時、ミヨシで釣っていた友人のロッドが大きく曲がった。駆け寄ってタモを構えると、底から浮いてきた魚体が海面で大きくヒラを打った瞬間、私が一発でタモ入れしたのはマダイ40cmだった。

その後も友人のロッドが曲がり、良型マダイが次々に海面を割って浮いてきた。友人が「2人分の土産もできたから、俺は操船、お前は釣りに集中…」と声を掛けてきたので、私は再びキャストを開始した。

50cmの大型マダイが登場!

潮の流れが速くなり、着底を確認することが難しくなった時、待望のアタリがあり、やっとヒットした。スピニングリールのドラグが「ジッ、ジッ、ジーッ」と逆転しながら悲鳴を上げている。「でっ…でかい」と叫ぶと、今度は友人がタモを持って駆け寄ってきた。

PEライン0.6号を信用して寄せてくると、ロッドを絞り込むファイトを繰り返した。10分、いや20分はファイトを繰り返しただろうか。両腕に疲労感が出てきたころ、海面に浮いてきたのは50cmの大型マダイで友人が一発でタモ入れしてくれた。

テンヤ釣りで越冬前の『荒食いマダイ』を狙う 50㎝級顔見せ【錦江湾】この時期は大型マダイが狙える(提供:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

次の瞬間、船上にはブルーのアイシャドウが輝くマダイが横たわっていた。この1尾に満足し納竿することにした。 錦江湾では、春に産卵のため太平洋や東シナ海から入ってくる「入りダイ」や「桜ダイ」は有名だが、越冬のため深場に落ちる前の荒食いするマダイは地元の釣り人しか狙わない。

この時期のマダイは、春のように数は期待できないが型が期待できるので、この大型マダイを狙って釣行してみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・橋元力/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
場所:谷山港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。