チニング&アジングゲーム満喫 ラバージグでチヌに豆アジ狙い撃ち!

チニング&アジングゲーム満喫 ラバージグでチヌに豆アジ狙い撃ち!

宮崎遠征の二日目、早朝の午前5時に釣友の車で宮崎港へと向かった。到着すると小雨が降っていて港の中は波静かだったが、外洋は白波が次から次へと押し寄せていた。「今日もオフショア・ジギングは無理だな」という釣友の言葉にうなずき、港の周辺を攻めることにした。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

先ずはチニングから

チニング&アジングゲーム満喫 ラバージグでチヌに豆アジ狙い撃ち!当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

釣友からの情報では、ここ数日、隣接する大淀川と宮崎港を仕切る水門周辺でシーバスやチヌがヒットしているということだった。

水門に移動して大淀川を見ると、前日の雨の影響でちょうどいい濁りが入っている。

早速シーバス用の13cmのフローティングミノーをロングキャストして広範囲を攻めた。

数投しても反応がなかったので、次に同サイズのシンキングミノーをキャスト。

ボトム周辺の障害物をリップに当てて大きくヒラを打たせてリアクションバイトさせるように攻めたが、これにも反応がなかった。

小雨の曇天、それに濁りの入っているベスト条件で1回もシーバスのバイトがなく、いないと判断して定着性のチヌを狙うことにした。

ラバージグでチヌヒット

最初に消波ブロックのキワに9cmのポッパーをキャストし、広範囲をストップ&ゴーで攻めたがバイトもなかった。 次にチヌ用のラバージグにワームをセットし、ボトム周辺の障害物を攻めることにした。 水門周辺は水門の開閉でボトム周辺に障害物やゴミなどが複雑に入り混じり、チヌの好むマンメイドストラクチャーを形成している。

チニング&アジングゲーム満喫 ラバージグでチヌに豆アジ狙い撃ち!高活性のチヌはアクションをつけてアプローチしよう(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

キャストして、ラインスラックを取って着底を確認できたら、最初はズル引き。 障害物に当たったらチョンチョンと跳ね上げるテクニックを数回繰り返していると、ガツンと根掛かりかと思うようなアタリを感じた。

ここで間髪を入れずにロッドを大きく後方に倒してアワセを入れると、待望のヒット。

ヒットしたのが消波ブロックのキワだったので、消波ブロックの中に入り込まれないようにロッドワークで引き離した。 幸い沖に走ったので、安心してファイトした。 水面まで浮いてきてチヌだと判断できたので、水面付近で空気を数回吸わせて、弱ったところで一気に抜き上げた。

足元に約30cmが横たわり、すぐに写真を撮ってリリース。 サイズアップを狙ってキャストを再開した。

チニング&アジングゲーム満喫 ラバージグでチヌに豆アジ狙い撃ち!良く走った30cm級(提供:週刊つりニュース西部版 APC・橋元力)

夏場のチニングのキモは、トップだけじゃなく、濁ったらボトムを探るということを頭に入れていてほしい。 また、この時期のチヌは活性が高く、ボトムをズル引きする際にスローな誘いではルアーを見切られる。 特にデイゲームではボトムを切るか切らないかぐらいのスピードでアクションさせるとバイトがある。

次のページでアジングへ変更