鹿島県谷山港エギング攻略:詳細ポイント紹介&釣り方解説&実釣レポ

記録的な猛暑と豪雨が続き、秋イカシーズンの到来が遅れていた鹿児島だったが、9月上旬をすぎたころから朝晩は秋めいてきて、待望の新子の情報が届いた。谷山港・600m堤防のポイント紹介や攻め方を含め、9月後半に行ったエギング釣行の模様報告しよう。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ポイント紹介

ここは市内でも有名なエギング好場だ。狙うポイントは堤防の先端(図中A点)から港内(E点)まで続き、順に紹介する。

ポイントA

潮通しが良く、潮の干満やベイトフィッシュの群れに付いて回遊してくるアオリイカを待ち伏せて攻める。

群れに当たれば入れ食いとなり、2ケタ釣果も経験しているが、群れが回遊して来なければ釣果ゼロもあり得る、当たり外れの大きいポイントだ。

状況を確認・把握し、ヒットがなければ粘らず移動した方がいいだろう。

ポイントB

堤防から20m沖に位置するカケアガリの先にキャストして、カケアガリを舐めるように攻めるかショルダー部分にスティして攻めるが、根掛かりの多いポイントなので仕掛けのロスも多い。

ポイントC

カケアガリのキワや外側の消波ブロックを攻めるが、ほとんどのエギンガーがスルーしてしまいポイントが空いている。

思わぬ大型が潜んでいることがあるので、数投してから移動することをお薦めする。

ポイントD

ここは春に藻場が広がり、アオリの産卵床になっている沖のシャローエリアを攻める。

水深が5m前後と浅いため、天敵であるカンパチやシイラなどのフィッシュイーターの回遊がなく、ベイトも多いので、この時期に孵化した新子~400g級が群れで泳いでいる姿を確認できる。

その後500gを超えるサイズになると、大型のベイトフィッシュを求めてエリアを出ていくようだ。

ポイントE

沖に出ている消波ブロックから攻めるので、ポイントDよりもダイレクトにシャローエリアを攻めることができる。

次ページでいざ実釣!