ソルトルアーは購入時のまま使っちゃダメ? フックチューニングのススメ

ソルトルアーは購入時のまま使っちゃダメ? フックチューニングのススメ

市販のルアーはオーバーサイズ気味のフックがセットされていることが多いです。なので筆者は購入したらまずはフックの交換をしています。ルアーのチューニングは自分のフィッシングスタイルに合わせてやるのが理想です。今回は筆者がよくやるチューニングを紹介したいと思うので、参考にしていただければと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

その他 お役立ち

ブレードチューニング

ブレードが付いたメタルジグが販売されています。ブレードのフラッシングと波動が魚を寄せるのでよく釣れます。筆者も好んで使うルアーです。ブレード付きを新規購入するのもいいですが、自分でチューニングするのもありですよ。

メタルジグをたくさん持っている方などは、ブレードだけ購入してセットすればブレードジグに変身します。メタルジグをただ巻きで使いやすくなるので、釣り方も広がりますよ。

ソルトルアーは購入時のまま使っちゃダメ? フックチューニングのススメブレードチューニング(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

試行錯誤を楽しもう

筆者がいつもやっているチューニング方法をいくつか紹介しましたが、全てが正解とは限りません。筆者は、自分のフィッシングスタイルに合ったチューニングを求めて試行錯誤した結果、このようなチューニングにたどり着きました。なのでスタイルが違えば、チューニング方法もかわります。みなさんも、自分のスタイルに合ったチューニングを見つけてもらえたらと思います。

<奥田綾一/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。