神奈川のルアーシーバス釣りで50cm級本命 想定外のバチパターン?

神奈川のルアーシーバス釣りで50cm級本命 想定外のバチパターン?

7月上旬の中潮日に夕マヅメ狙いでリバーシーバスゲームをやってきました。当日は水面にハク(ボラの稚魚)や小型のサヨリ、そして少ない量でしたがバチ抜けも確認できました。バチと稚魚のマイクロベイトパターンです。マイクロベイトはルアーをマッチさせることが難しくて、予想通りに苦戦しました。当日の様子をレポートしたいと思います。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

神奈川でシーバスゲーム

シーバスゲーム釣行当日に選んだのは、神奈川県を流れる二級河川の合流ポイントであり河口付近になります。水深は満潮でも3mほどなのでシャローエリアです。目立ったストラクチャーは特にないので流れの変化などが狙い目となります。

神奈川のルアーシーバス釣りで50cm級本命 想定外のバチパターン?釣り場風景(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

当日のタックル

シーバスロッドの8ftライトクラスに3000番リール。ラインとリーダーは細めで9cm前後のルアーをメインに用意しました。

当日の状況

当日は夕マヅメからスタート。風も弱くて水面は穏やかな凪のようでした。他のアングラーは2名ほど見かけたくらいで、さほど混雑はしていないようです。

水面をよく観察するとベイトはいるようですが、サイズが小さいです。季節は初夏ですが、今年は雨が少なかったからかベイトが小さいように思います。まだまだ春先のようなマイクロベイトの印象です。マイクロベイトはルアーをマッチさせるのが難しく苦戦が予想されます。

波紋系バチを発見

まずは、表層をトップウォーターでサーチします。ポッパーとペンシルベイトをそれぞれ10回くらいはキャストしましたが反応がありません。次はどうしようか考えていると水面を引き波を出して泳ぐ何かが見えました。水面をよく観察してみると泳いでいるのは波紋系バチでした。夏でも凪の日はバチ抜けをすることがあるとは聞いたことがありますが、実際に目撃すると少し驚きました。

シーバスらしき魚が水面を泳ぐバチにボイルしているのを見かけました。バチは魚にとっては楽に捕食できるおいしいエサなのでしょうか。水面を引き波を出して泳がせられるフローティングペンシルをキャストしてみました。時々、ボイルはありますがなかなかヒットしません。バチも最盛期に比べると少ないので付いた魚も少ないのでしょうか……。

神奈川のルアーシーバス釣りで50cm級本命 想定外のバチパターン?水面に泳ぐバチを発見(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

次のページで待望の50cm級シーバスが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。