東京湾陸っぱりルアー釣行でマゴチ浮上 シャローの橋脚周りでヒット

東京湾陸っぱりルアー釣行でマゴチ浮上 シャローの橋脚周りでヒット

先日に東京湾の底が砂地でシャローのポイントへ釣りに行きました。6月にもなると水温も上がり濁りも入った初夏の海になります。シャローエリアの釣りがおもしろい季節になりました。当日はボトム周辺にいるクロダイやフラットフィッシュを中心に狙ってみました。当日の様子をレポートしたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

橋脚周りでマゴチがヒット

次第に向かい風が強くなってきました。向かい風だとルアーも飛ばずにやりにくいので、風裏になるポイントを探して移動しました。橋の下に少しだけ入れるスペースを見つけました。橋脚周りは一級ポイントです。小魚系のワームに変更して橋脚周りを狙ってみると、「ゴン!」と重たいアタリがありました。

アワセを入れてみると「ゴンゴン!」と強く引きます。何かヒットしたのだとわかりました。グイグイと竿先を引っ張るアタリです。しかし、シーバスのような回遊魚系とは少し違う印象です。海に沈んでいるゴミでも釣り上げてしまったのかと思わせるような重量感のある感覚がありました。タコでも釣ってしまったのかなと思って巻き上げると、平たいシルエットの魚が見えました。「マゴチだ!」筆者には珍しい魚なので少し驚きました。

釣果に繋がったポイント

いつもは水深のある港湾エリアを中心にやっているので、砂地シャローエリアは新鮮さがありました。ヒットしたポイントはやはりストラクチャー周辺でした。魚は何かしら変化のある場所に着くのを実感した釣行になりました。

夏らしい魚も釣れて季節の変化を感じた日となりました。気温が上がると熱中症などのリスクもあるので、体調管理には注意しながら釣りを楽しんでもらえたらと思います。

<奥田綾一/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。