神奈川港湾エリアでバチ抜けパターンシーバス釣行 70cm級キャッチ

神奈川港湾エリアでバチ抜けパターンシーバス釣行 70cm級キャッチ

神奈川県の港湾エリアにシーバスのバチ抜けパターン狙いで行ってきました。バチパターン最盛期でありアングラー数も多くいいポイントへは入れませんでしたが、運が良かったのか70cm級のシーバスをゲットすることができました。神奈川の港湾バチ抜けパターンについてレポートしたいと思います。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

神奈川の港湾バチ抜けパターン

バチ抜けパターンとは主に二種類あります。大河川などを中心とした川バチパターンと港湾エリア(運河や干潟などを含む)を中心とした港湾バチパターンです。2?3月が川バチパターンとなることが多く、4?5月が港湾バチパターンとなります。

当日のポイント

神奈川県の港湾エリアで河口に近い運河となります。バチ抜けの有名スポットと呼ばれているらしく、バチ抜けパターンのシーズンには多くのアングラーが訪れてとても混雑します。

当日のタックル

シーバスロッドのLクラスに3000番のノーマルギアリール。ラインとリーダーはできるだけ細くしてバチパターン用のルアーを数種類用意して行きました。バチ抜け用ルアーはウェイトが軽いものが多く、動かし方も繊細さが求められます。なので、比較的ライトなタックルが相性がいいです。

神奈川港湾エリアでバチ抜けパターンシーバス釣行 70cm級キャッチ当日のポイント(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

釣り場は満員御礼

当日は5月上旬の中潮で日没後の満潮が21時ごろです。なので19時ごろに現地入りしました。すでにアングラーが多数入っていてとても混雑していました。到着時にはすでに満員状態。人気のポイントには入れず、少しやりにくい立ち位置になってしまいました。

時合い予想の2時間前から行ったのにすでに満員御礼とは……。バチ抜けパターンが人気なのがよくわかりました。

バチ抜けスタート!

満潮予定時刻の1時間ほど前からバチが目視できるようになりました。引き波を出しながら水面を泳いでいます。「波紋バチだ!」と思いました。ところが、周りのアングラーも含めてなかなかヒットしない時間が続きました。シーバスのボイルはあるもののなかなかルアーへヒットしません。波紋バチを意識して、引き波を出してルアーを流したりしてもまるで反応がありません。

微波動作戦

今日はルアーへの反応がよくない日だと思って、ルアーをできるだけ動かさないで流す作戦にしました。ルアーを流れに乗せてできるだけスローに巻き波動は最小限に抑えます。ルアーはほとんど動かさずにボディに水流が当たって微波動が出るイメージです。

神奈川港湾エリアでバチ抜けパターンシーバス釣行 70cm級キャッチバチ抜けスタート(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

次のページで70cmシーバス登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。