沖桟橋復旧直後の本牧海つり施設で25cmアジにサバやコノシロと対面

沖桟橋復旧直後の本牧海つり施設で25cmアジにサバやコノシロと対面

神奈川県の本牧海つり施設に行ってきました。ここは数年前に直撃した台風の被害で被害を受け、復旧工事を続けていました。先日工事が完了してリニューアルオープンしたので、久しぶりの釣行です。気温は上がってきたもののまだ水温は低く魚影が濃いとは言えない状況でしたが、回遊魚の姿を見ることができたので、当日の様子をレポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

海釣り施設 海釣り公園

本牧海つり施設へ釣行

本牧海つり施設は、神奈川県にある県内屈指の収容人数の海釣り施設。100mほど沖に浮かぶ桟橋がシンボルで、ハイシーズンには足元でも回遊魚がよく釣れる。水深もあり潮の流れがとにかく速くてやや慣れが必要ですが、設備も整った立派な海釣り施設です。当日のターゲットはシーバス、サバ、アジなどの回遊魚としました。

沖桟橋復旧直後の本牧海つり施設で25cmアジにサバやコノシロと対面リニューアルオープンした本牧海つり施設(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

当日のタックル

当日はシーバスロッドの9ft.MLでルアーフィッシング。それとライトゲームロッドでオキアミをエサにして足元からの落とし込み釣りをしました。

朝マヅメは不発

当日は朝マヅメで満潮からの下げ潮スタートとなりました。まずは、バイブレーション中心にキャストしますが反応がありません。しばらくキャストを続けましたがアタリもない。まだまだ水温が低くて魚は低活性な様子で、朝マヅメは不発に終わりました。

オキアミエサでコノシロ登場

朝日で水温が少しずつ上がり始めたのか水面付近に小魚の群れが見えるようになってきました。アジやサバが釣れるかもと思い足元からのオキアミエサの落とし込み釣りをスタートします。

足元に仕掛けを落としてレンジを調整し終えると「コンコン!」とハッキリしたアタリが。巻き上げてみると小魚としては大きな魚体が見えます。釣れたのは25cm以上のコノシロでした。周りのアングラーもコノシロが釣れていたのでコノシロの群れが回遊してきたようです。

潮が大きく動き出したタイミングで、周囲でロッドが大きく曲がっています。上がってきたのは引きが強くよく走る青魚のサバでした。サバの群れも入ってきたようです。

沖桟橋復旧直後の本牧海つり施設で25cmアジにサバやコノシロと対面コノシロ登場(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

周囲でシーバスもヒット

日も高くなって光量のあるデイゲームにはスピンテールジグです。これはブレードがキラキラと回転して小魚をイメージさせます。何かヒットすればいいのですが……。

すると、エサ釣り師がシーバスを釣り上げるのを目撃しました。どうやらイソメエサにヒットした様子。この時期はルアーフィッシングには反応が薄いです。日中にイソメに反応して釣れるとは意外でした。

自分も含めてコノシロはよく釣れていますが他魚種の反応はあまりよくありません。サバも群れが小さいようだし、アジは姿すら見せてくれません。夕方のアジの回遊を期待したいところです。

次のページで待望の良型アジが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。