横浜エリアのルアーフィッシングで30cm級サバを手中 カゴ釣りに軍配?

横浜エリアのルアーフィッシングで30cm級サバを手中 カゴ釣りに軍配?

東京湾の陸っぱりルアーフィッシングに行ってきました。当日はサバの回遊があり、釣ろうとしたものの魚はエサ釣り師のアミコマセに付いてしまい大苦戦。ルアーフィッシングをしているとエサに付いた魚がルアーに反応しなくて困った経験は誰もがあると思います。今回はその時の悪戦苦闘劇をレポートしたいと思います。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

横浜でルアーフィッシング

当日は横浜市港湾エリアへ。工業地帯に囲まれた内湾でシーズン中は回遊魚もそれなりに釣れるポイントです。

横浜エリアのルアーフィッシングで30cm級サバを手中 カゴ釣りに軍配?工業地帯の近く(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

サオはシーバスロッドの9ftでMLクラス。使用ルアーは15-20gのバイブレーションやスピンテール、ジグヘッドワームにシンキングペンシルなどを準備しました。当日のターゲットは産卵後のアフターシーバス、サバやアジなどを想定。

開始直後はアタリ無し

3月中旬の大潮で朝マヅメスタート。前方が開けたオープンエリアなので広く早く探れるバイブレーションでスタートしました。水深は5~7mくらいなので15~20g級の鉄板バイブをセレクト。フルキャストして50~70mくらいの範囲をサーチするも反応がありません。

日が昇り明るくなってきたタイミングでスピンテールにチェンジします。スピンテール系はブレードが日光を反射してキラキラと光るのが小魚の鱗をイメージさせるようで春先のベイトが小さい時期は頼りになります。

周囲でサバがヒット

しばらくキャストをし続けていると近くで釣っていたカゴ釣り師にサバがヒット。サバが回遊してきたと思い、自分もヒットさせるため何度もキャストしますが、アタリすらありません。

ハードルアーよりも食わせ能力が高いワームの方がいいかと思いジグヘッドワームにチェンジ。ワームは軟らかい素材が小魚に近い質感で魚に見切られにくいです。しかし、何度キャストしてもアタリが出ません。カゴ釣り師達は数は多くはないものの釣れている様子。

次のページでバイブレーションに中サバがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。