横浜港湾エリアでライトゲーム満喫 根魚狙いでストラクチャー狙い撃ち

横浜港湾エリアでライトゲーム満喫 根魚狙いでストラクチャー狙い撃ち

少し暖かい日が増えてきた2月末ごろに横浜市の港湾エリアでライトゲームをやりました。まだまだ水温はかなり低くて回遊魚系は姿を見せてはくれませんでしたが、根魚が数匹釣れたので当日の様子をレポートしたいと思います。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

横浜港湾エリアで釣り

当日のポイントは横浜市の港湾エリア。対岸には観光地のベイエリアが見えるロケーションのいいポイントです。橋脚や沖堤防などがキャスティングで届く範囲内にあるので、ストラクチャー周りを狙う釣りが有望です。

横浜港湾エリアでライトゲーム満喫 根魚狙いでストラクチャー狙い撃ち釣り場風景(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

当日のタックル

当日のタックルは、シーバスロッドのライトクラスを使用。冬のディゲームなのでジグヘッドにワームの組み合わせを多用しました。

ターゲット魚種

狙いは産卵後のアフターシーバスやストラクチャー周りに付く根魚系などです。

根魚狙いで釣りスタート

朝マヅメからのスタート。ポイントを見渡してベイトの有無をチェックするも、海水温の低下の影響からか潮は澄みベイトの存在も感じられず……。回遊魚系やシーバスなどは現状厳しいと判断して、根魚系をメインターゲットに変更して釣りを開始します。

虫ヘッドにイソメ系ワームを付けてストラクチャー周りを探ると……「コンコン」と根魚のようなアタリがあり、アワせるとヒット!

ギンポにカサゴ登場

上がってきたのは根魚のギンポでした。江戸前天ぷらの具材として重宝されるギンポですが、筆者は調理したことも食べたこともないため、元気なうちにリリースしました。

横浜港湾エリアでライトゲーム満喫 根魚狙いでストラクチャー狙い撃ちギンポはすぐにリリース(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

さらにストラクチャー周りを探ると「コンコン」と気持ちがいい明確なアタリが。アワせてから巻き上げると、根に逃げ込まれてしまったようで出てきません。根魚系はヒットしたらゴリ巻きで上げないと根に潜られることがよくあります。少し細いラインを使っているのでやりとりに慎重になりすぎたようです。

しばらく待って巻き上げると、なんとか出てきてくれました。釣れたのは根魚の定番カサゴでした。

次のページでストラクチャーフィッシングの注意点を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。