陸っぱりルアー釣り入門に『ソフトルアー(ワーム)』使用のススメ

陸っぱりルアー釣り入門に『ソフトルアー(ワーム)』使用のススメ

ソルトルアーフィッシングはハードルアーで釣るイメージがありますよね。でも、ソフトルアーを使うメリットはいっぱいあるんです。今回はワームの実力についてお伝えしたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

奥田綾一

東京湾の陸っぱりをメインにソルトルアーフィッシングを楽しんでいます。シーバスをメインにシーズンに合わせて様々な魚種を狙うスタイルです。読者の皆様に読んで面白かった、参考になったと思ってもらえるような記事を提供したいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ハードルアーとソフトルアー(ワーム)

ハードルアーは飛距離と強い波動が特徴で基本的には活性の高いやる気のある魚を狙うのに適してます。ワームは逆にナチュラルな波動がポイントなので低活性な魚やルアーを見切ってくるようなスレた魚に強いです。

対象魚

河口や港湾エリアでのワームゲームで狙える主なターゲットはシーバス、クロダイ、キビレ、根魚にサバやアジなどになります。

ワームの選択が釣果を左右

ベイトが小魚の時はシャッドテールやピンテール系。カニやエビなど甲殻類の時はホッグ、クロー系を選択するのが基本です。

陸っぱりルアー釣り入門に『ソフトルアー(ワーム)』使用のススメ小魚系のワーム(提供:TSURINEWSライター奥田綾一)

カラー

ワームはハードルアーと比べると安価なのでカラーのストックを増やしやすいです。なのでシチュエーションに合わせてカラーチョイスがしやすいです。

基本的にはベイトカラーのグリーンやブルー系、マヅメや濁り潮に強い赤金やピンク系、ナイトゲーム用にパール、グロー系の三種類があればなんとかなります。

ジグヘッドの選び方

ジグヘッドは基本的には水深や流れに合わせてウェイトを選びます。3、5、7、10g……など細かく分けて用意すると様々なシチュエーションに対応できます。

根がかりに強い

ジグヘッドは基本的にはフックが一本で上を向いているのである程度は根がかりに強いです。また、根がかり対策に特化したタイプのフックなどもありボトム狙いならばハードルアーよりも使いやすいケースもあります。

次のページでワームの釣り方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。