オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】

オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】

関東では周年狙うことができるターゲットだが、鍋ネタとして需要が高まるこれからのシーズン特に人気なのが、オニカサゴだ。今回はオニカサゴ狙いの基本的な釣り方を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タナ取り

オモリが着底したら、素早くイトフケを取る。タナは底からハリス分が目安で、50cm~2m前後。潮が速ければ低め、緩ければ高めにしよう。下バリが底スレスレになるようなイメージだ。

オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】タナ取り(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

船が流れていくと、水深は刻々と変化する。急なカケアガリだったり、潮流が速いときは、より早いペースで底を取り直す。これを怠ると、エサが底から離れすぎたり、根掛かりが多発してしまう。

誘い

竿先をゆっくりと大きく上下して誘う。大流しで狙う場合は、10mくらい巻き上げてから再び落とし込む。エサが新しいところに入ることで、魚に遭遇する確率が高まる。釣果に大きな差がでるので、1つの誘いに固執せず様々な誘いを試そう。

オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】底取りは適切に(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

アタリ~取り込み

意外と小さいアタリが多い。反応があったらゆっくりと聞き上げ、ヒットしたら低~中速で巻き上げる。水圧に強く、海面に上がるまでに強い抵抗をみせるので、引きや波の動きに合わせて対応しよう。

ハリを外し、船縁などに置いてしまうと口を閉じてしまうので、ハリスをもって逆の手で下あごをつまむ「バス持ち」をしてしまえば手を離さない限り安全。ただし、歯が細かくザラザラしているので、タオルなどを使うといい。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年12月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。