オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】

オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】

関東では周年狙うことができるターゲットだが、鍋ネタとして需要が高まるこれからのシーズン特に人気なのが、オニカサゴだ。今回はオニカサゴ狙いの基本的な釣り方を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

生態&釣り場

毒を持つトゲが特徴的な「オニカサゴ」の標準和名は「イズカサゴ」という。30~40cm超えの中~大型は主に岩礁帯の水深80~200mに生息。ややこしいことに標準和名でオニカサゴと呼ばれているのは別種で、こちらは浅い岩礁帯に生息。

関東では、外房・大原や南房・布良、伊戸、洲の崎などでは1kg級がコンスタントに上がり、東京湾では金沢八景からも出船。相模湾の片瀬で冬季を除いてほぼ周年で受け付ける。

タックル

基本的なタックルを紹介しよう。

オニカサゴ釣り入門 【生態・基本のタックル・釣り方を解説】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

手持ちが基本なので軽量。中深場からの魚信は小さく、感度のいい穂先が理想。

リール・ミチイト

リールは、PEライン4~6号が300m以上巻ける中型電動。誘い続けることを考えると、軽量コンパクトが望ましい。

天ビン・オモリ

片天ビンを使用した吹き流し式の2~3本バリ仕掛け。オマツリ防止のためハリ数やオモリ号数は予約時に確認しよう。

仕掛け

ミキイト7~10号、ハリス6~8号。サメなどが交らないようなエリアでは、4号を使うことがある。ハリは期待できる魚のサイズに合わせる。また、水深200m以上のポイントや、曇天時などには水中ライトが有効。サメを寄せるので禁止している船宿はあるので事前に確認しておきたい。カラーバリや、チモトに夜光玉やタコベイト、チューブワームを付けてアピール度を上げるのも有効だ。

エサ

一般的に船で支給されるのは、サバの切り身。ほかに、イカやシャケ皮。シイラやアナゴなどを使う。1~1.5cm幅、長さ7~12cmにカット。海中でヒラヒラと漂わせるためには身は薄く削ぐ。逆に動きを抑えたい場合は厚めに残す。付け方は皮側からチョン掛け。エサが海中で回らないように、先端中央部に刺そう。

次のページで釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。