沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】

東京湾の沖釣りターゲットのなかでも、もっとも手軽に狙えるシロギス。ポイントは港から至近で、沖釣り入門に最適だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船シロギスタックル

初めてならエントリーモデルで十分だ。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】シロギスのタックル(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

初めて購入するならエントリーモデルで十分。

使用するオモリは8~20号のため、その範囲のオモリ負荷を持った1.8~2.1mのもの。

調子は8対2~7対3で、穂先がしなやかかつ、感度のいいものほど、アタリは取りやすい。

リール

この釣りで仕掛けの投入や回収がスムーズに行えるのは、小型スピニング。ミチイトはPEライン0.8~2号を100mほど巻いておく。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】船キスは型が揃うのも嬉しい(提供:進丸)

仕掛け

天ビン仕掛けまたは胴突き。

前者なら、オススメは固定式のシンプルなもので、腕長10~15cm前後の絡みが少なく扱いやすい。仕掛けはフロロカーボンライン1号を使用した全長80cm前後。ハリには流線や競技キスの7~8号の2本バリ。

後者はミキイトがフロロカーボンライン1.5号で50~70cm。オモリの上部約10cm前後にフロロカーボンライン1号程度で20~30cmの枝スを出し、ハリは同じく流線や競技キスの同サイズが一般的。

オモリは、船宿からの指定があれば、それを基準に10~20号を複数用意しておこう。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】ベテランの釣果(提供:荒川屋)

エサ

青イソメ。できるだけまっすぐ通し刺し、1~3cmたらす。

船シロギスの釣り方

数を伸ばすなら、仕掛けをキャストして広範囲に探ると有利。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】探り方のイメージ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

必ずアンダースローで投げ入れ、着水直前にスプールのイトの放出を止めると、仕掛けが前方に放り出され、天ビンとの絡みが防げる。

オモリが着底したら、イトフケを回収。0.5~1mの幅でオモリが底をはうイメージで仕掛けをサビき、付けエサをアピールする。

キャストができなければ、船下に仕掛けを落とすだけでもOK。船の揺れで、オモリが底をたたくようにしておけば自然と誘いになる。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】沖釣り入門に好適(提供:進丸)

アタリ~アワセ

水温と活性によるが、アタリはブルンッと明確に伝わることが多く、初心者にもわかりやすい。

アタリがきたら、ひと呼吸おいて、スーッと竿先を聞き上げるように立ててアワせる。

ハリ掛かりしたら一定速度でリーリング。船内に抜き上げるように取り込む。

沖釣り入門に最適の船シロギス釣り解説 【東京湾の基本道具と釣り方】飲み込んだハリのはずし方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

冬場は上品な脂乗りが特に抜群。自分で釣ったシロギスで、ぜひこの味を体感してもらいたい。

次のページでは東京湾の直近の釣果を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。