チニング解説!ルアーでクロダイを釣る【概要&ポイント編】

初夏から夏の河川で手軽に狙えるのがチヌやキビレ。難しそうなターゲットだが、ルアーで狙えば意外と釣りやすいターゲットでもある。今回は、ルアーでチヌを狙う「チニング」をこの釣りの第一人者・宮川靖さんに解説してもらった。今年もそろそろシーズンインし、近郊の河川では釣果も上がりだしている。今回の記事を参考に入門してほしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

チニングってどんな釣り?

チニングとは一般的に甲殻類を模したルアーにトレーラーとしてワームを装着したもの、もしくはジグヘッドにワームを装着したもので、チヌ(クロダイ、キビレ)をキャスティングで狙う釣りのことである。

チヌやキビレは警戒心が強く難しい魚というイメージを持っている釣り人も多いのではと思う。

実際、チヌはエサで狙うとハードルの高い対象魚かもしれない…。

しかし、チニングはそんなチヌやキビレが驚くほど簡単に釣れてしまう釣りである。

初心者の女性や子どもでもキャストができれば釣れてしまう…と言っても言い過ぎではないほど、簡単に釣れるのだ。

初心者に釣りの入門としてもオススメかも。

大阪湾では一般的にキビレ狙いになることが多いのだが、これは大阪湾に生息する個体数の差ではなく、狙う場所の関係でキビレの釣果が圧倒的に多くなる。

チヌとキビレの個体数でいえば、大阪湾では同じ程度は居ると思われるが、なぜチニングでキビレが多いのだろう。

そのひとつの理由が、キビレが食べるエサの種類に関係している。

垂直護岸に付いているチヌがメーンで食べているのは、際に付いているイガイやフジツボ、そしてカニなどだが、キビレはその他に浅いエリアで底をはうカニ、河川の汽水域に多いテナガエビ、そして小魚などのベイトも積極的に食べているので、チヌよりアグレッシブにルアーに反応するというわけだ。

もちろんチヌも時期によればベイト(小魚)を食べているのでチニングで狙って釣れるが、やはりオールシーズン狙えるのはキビレとなる。

チニングのシーズンは?

チニングのシーズンは、大阪湾の最盛期は5月ごろからお盆あたりまでだが、ほぼ年中狙える。

名古屋港などでは真冬によく釣れる時期があるが、大阪湾でも12月~3月ごろもよく釣れる。

そして、8月末ごろから10月下旬まではチニングでチヌを狙って釣ることができる。

これはこの時期に浅い場所に小魚などを求めてチヌが数多く回遊するからだ。

真夏の日照りと大きな干満差で垂直護岸の壁際のエサが落ちてしまってエサ不足になるので、垂直護岸に居たチヌの一部がカニや小魚を探して浅いエリアに回遊してくるのだと予測している。

なのでキビレ、チヌとシーズンの最盛期は変化するが、ほぼ年中狙えると言える

狙うポイントは?

そして狙うべき場所だが、一番分かりやすいのは、水深が50cm~3m程度の河川だ。

大阪近辺でいえば武庫川、淀川、大和川などで狙える。

注目すべきはその水深。

夜がメーンの釣りなので水深50cmの超浅い場所でも釣れる。

汽水域を好むキビレがメインになるが、河川以外でも運河や港湾で浅くなっている場所や漁港のスロープ、貯木場、などなど、どこにでも居ると言ってもいいだろう。

このぐらいの浅瀬でも十分チャンスが有る。

そして、できれば底に若干の変化、例えば石畳が入っている場所や、浅い場所から深くなっている場所へ変化しているカケアガリなどが狙い目になる。

また、ゴロタ石のエリア、泥や砂底、石畳などさまざまな底の状態の場所で釣果が出るが、基本的にメインのエサがカニなので、それが居れば釣れる可能性はかなり高いと言える。

【タックル&釣り方編】はコチラ

<宮川 靖/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年6月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。