【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホン

【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホン

秋~翌年春にかけての人気ターゲット「ヤリイカ」。今回は、釣り方の基本、タックル、持ち帰り方を紹介。さらに、関東各地の釣況をお伝えしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:一之瀬丸)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

ヤリイカ釣りのタックル

ヤリイカ釣りのタックルは下図の通り。ミチイトやオモリは船宿の指定があればその号数を用いる。予約時などに確認するといい。オマツリ軽減のためにもルールは守ろう。

【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホンタックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

仕掛け

仕掛けはサバが多い場合や手返しを上げたい時は直結。それ以外の場合や慣れていない時はブランコを使う。イカが乗ったとき、多少ミチイトを張ったり、緩めたりしても容易に外れないので、ビギナーにも扱いやすい。

【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホン仕掛けの作り方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

プラヅノの選び方

プラツノは11~14cmがメインだが、大型が上がっている時やスルメイカが交じる場合は18cmを使うこともある。スッテは状況によっては効果を発揮するので、ひとつは持っておこう。定番カラーは赤白。

【関東2020秋】シーズン開幕『ヤリイカ』入門 タックル&釣り方キホン本命手中(提供:儀兵衛丸)

ミチイトとミキイトの間に設ける中オモリはなくてもいいが、これを用いると海中でツノやスッテがトリッキーに動き、よりイカの興味をそそる。また、仕掛けの回収時にイトが風に吹き上げられ、竿絡みを回避できるので、10号前後の中オモリを用いることをお勧めしたい。

次のページで『釣り方&持ち帰り方』を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。