地磯でエギング!1キロオーバーのアオリイカを求めて【鹿児島・錦江湾】

今年の錦江湾(鹿児島湾)は、数年ぶりにアオリイカが顕著に釣れている。
地元の釣具店の情報によると「平川(鹿児島市)エリアではアオリがぽつぽつと姿を見せ始めた。アベレージサイズは500~800gに、1kg級が交じる」とのことで、4月23日に釣行したので報告しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

人気ポイントに隣接する地磯

平川のエギングポイントといえばヨットハーバーの堤防が有名だが、有名だからこそ連日エギンガーに攻められて、ハイプレッシャーになっている。

そこで今回は、平川ヨットハーバーに隣接する鹿児島赤十字病院下の地磯を攻めることにした。

平日の午後4時ということで先行者もいなくて、貸し切り状態で攻めることができた。

この釣り場は全体的に海底が溶岩で形成されていて、その沖にこの時期の産卵床となる藻場が広がっている。

また、近くの五位野川から流れ込む栄養分にプランクトンが多く、それをエサとする小魚が集まっていて、この小魚がアオリの格好のエサとなっている。

参考タックル図。

最初に、パイロットエギとして私が作製している薩摩烏賊餌木・弾の中から、『桜舞/薩摩烏賊餌木・弾』(下布・マーブル、上布・金糸交じりのピンクの網目)をキャストし、産卵床となっている藻場の周辺でエギをスローにリーリングさせて、軽くトウィッチングさせるとイカパンチがあった。

そこで、すぐに溶岩帯で実績のある『桜島/薩摩烏賊餌木・弾』(下布・マーブル、上布・緑青に黒の縞模様)をキャストし、同じように藻場でトウィッチングさせるとラインがピーンと張った。

ロッドを立てると待望のヒットだ。

最初にキャストした図中(釣り場〈略図〉)A地点で、アベレージサイズの500gをゲットした。

ここで数投したが、後が続かなかったのでB地点に移動した。

ここは岬の先端で、潮通しがいいので大型のアオリが期待できる。

その期待通り、3投目でリールのドラグが悲鳴を上げて逆転した。

1kgオーバーの大型かと思ったが、ランディングしたのは800gだった。

その後、ラン&ガンでエギをキャストしたが、時々イカパンチはあるもののヒットにはつながらなかった。

大きく移動する

大きく移動し、C地点でキャストした数投目、やっと待望のヒットがあった。

ここでも500gのアベレージサイズだった。

これはメスだったので、抱卵はしていなかったがすぐにリリースした。

この3尾目をリリースするころには西に太陽が大きく傾き、すぐに辺りを夕闇が覆ってきた。

今回はヘッドランプなどを持ってきていなかったので、ここで納竿することにした。

この釣り場は近くに病院があるので、物音や大声などを出すことはもっての外。

そのような行為をする釣り人が増えると、この場所が立ち入り禁止や釣り禁止となるので、自分たちの首を絞めるようなことはやめてほしい。

また、ここは地磯なので磯靴(ブーツ)やライフジャケットは必ず着用し、安全面に気を付けて事故などのないようにしてほしい。

そのほかの情報によると、平川ヨットハーバーの堤防でも同サイズのアオリがヒットしているようだが、エギンガーが多いため、ある程度のテクニックがないとナーバスになっているアオリの姿を見ることはできないだろう。

過去にこの堤防の先端では、この時期に1kgオーバーがヒットしている。

この釣り場は沖に沈瀬があり、そこがアオリの産卵床になっている。

先行者がいないときや朝一番には私が必ず攻めるポイントだ。

また、堤防の内側は砂地なので、海底をスローリトリーブで攻めるとコウイカ(モンゴウイカ含む)もヒットするので、専門に狙っても面白いと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・橋元力/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
この記事は『週刊つりニュース西武版』2018年5月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。