ビワマスを追う!レイクトローリング&ジギング。【滋賀県・琵琶湖】

琵琶湖の淡海の宝石と称される超高級魚ビワマスに会いに3月7日、滋賀県長浜市大浦出船トローリングガイド京丸を訪れた。午前8時、ファイブオーシャンマリーナに到着。当日のメンバーはディープライナーフィールドテスターの村瀬さんと大倉さん。ビワマス初挑戦の釣具店イエローフィッシュの窪野さんと高江洲さんだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

トローリング開始!

30cm級のビワマスゲットでにっこり!

午前8時半出船。

深場のポイントに向けて船を走らせる。

航程20分ほどでポイントに到着。

ここで船長から特製弁当とドリンクのサービス。

おいしい朝ごはんをみんなで食べて、戦の準備は整った。

スロー走行でトローリング開始。

サオに反応があるまでは船長を含めみんなで談笑。

このゆったりとした時間もトローリングならではの光景だ。

しばらく船を走らせると左舷のサオが激しく揺れる。

「きたぞー!」と船長の声で船上は活気にあふれていく。

トップバッターは高江洲さん。

船長のアドバイスを聞き、慎重にリールを巻いていく。

上がったのは35cmほどのビワマス。

「すごくきれいな魚ですね!」と、その美しい魚体に高江洲さんも感動していた。

1尾釣れて「はーっ!ホッとした!」と、船長の本音が思わずポロリ。

この時期は食いが渋く、本当に難しい。

その中でも早々に1尾を取るのはさすがだ。

時合いが始まる

ジギングで狙ってみたがこちらは不発。

午後9時半、船長が「あと30分したら釣れだすよ」という。

最近は午前10時ごろが時合いとのこと。

そして午前10時になり、宣言通り右舷のサオにアタリが出た。

次は窪野さんの番。

サオを持って引き寄せる。

水中からキラキラ光る美しい魚体は間違いなくビワマスだ。

大倉さんから「俺の夕飯だからバラすな~」とヤジが飛び、船上は笑いに包まれる。

上がったのはこれも35cmクラス。

窪野さんも初めて見るビワマスに魅了されていた。

この後30cm台は上がるものの、40cmを超えるグッドザイズが上がらない。

今回は大物を釣って、みんなでビワマスのしゃぶしゃぶをする目標がある。

私も食べたことがあるのだが、海の魚にも全く引けを取らないほど絶品なのだ。

すると右舷のサオが反応。

高江洲さんがリールを巻きだすとドラグが出る。

「これは大きいだろ」と船長も期待を寄せる。

船上からは「バラすなよ~バラすなよ~」とみんなからのプレッシャー。

当日最大の47cm!

緊張のなか上がったのは47cmのグッドザイズ。

これで今夜のしゃぶしゃぶ祭りは決定だ。

その後もポツポツとアタリが出て30cm台をキャッチし、午後2時にトローリング終了。

続いて1時間勝負でジギングに挑戦するも、ノーフィッシュで沖上がりとなった。

釣果はビワマス47cm頭に6尾と、まだ水温が低いこの時期では上出来だった。

当日の船中釣果。厳しいなかでも上出来でした!

船長は「今年は小アユの反応もいいから暖かくなれば去年より釣れると思うよ」と期待を寄せる。

初挑戦の2人も「夏にまた来たいですね。今度は60cmオーバーを釣りたいです」と、大物に夢を膨らませていた。

<週刊つりニュース中部版 編集部・鈴木/TSURINEWS編>

▼この船について
トローリングガイド京丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。