スプーンやミノーで食わせる!イワナ釣り【長野県遠山水系】

誕生日でもある3月1日は、毎年有給休暇を取ってなじみの渓で過ごしている。なじみの渓とは、長野県飯田市南部を流れる遠山水系のことだ。しかし今年は準備万端で備えていても、自身の車両を替えてしまったことで雪道を進む術がない。そこで友人を頼り条件が整った3月3日、あらためて長野県南部遠山川へと向かった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

池口川を目指す

池口川の渓相。

現地入りは午前8時。

和田集落の釣具店で来年度の年券更新と着替えを済ませ、友人の選んだ左岸支流の池口川を目指す。

しかし現地は側道が道路拡張工事のために、時間帯で全面通行止めになるとのことで、工事区間下流の離れた駐車帯に車を止めた。

そして、側道でいうところのちょうど工事区間と、その上流域を釣り上ることにする。

入渓して間もなく、足元のエゴにキャスト、っていうかほとんど落とすように沈めたのが『MIUアワビ/フォレスト』仕様の7g。

それをボトム付近でヒラヒラさせると20cmちょっとのイワナが現れた。

パイロットルアーのmiu7g極厚。

しかし数度じゃれると反応がなくなり、勝者イワナということで次なるポイントへと歩みを進める。

そうだ、この感覚、この空気。

待ちに待ったシーズンが始まったのだ。

参考タックル図。

左岸側に私で右岸に友人といった配置はしばらく変わらず、エン堤を前にして友人にイワナがヒットした模様。

聞けばディープの小型シンキングミノーで、ボトムをネチネチと誘って食わせたとのこと。

そして私は先にエン堤をはい上がり、上段のプールを前に友人を待つ。

写真撮影後に上がってきた友人を待ちながら、下流下方の深場にふざけてアイフィッシュ5S(ウグイ)を絡めていると、それを見ていた友人は真下でイワナがチェイスしていると言う。

近ごろ視力も落ち、私にはキラキラする表層のミノー以外それらしい姿は見えなかった。

だが「ミノーが沈んだ時にだけ浮上して反応している。流れの真ん中だ」と友人が熱く解説するので、それを信じ粘る。

上流に引き上げておいてドリフトで沈下させて誘うことを繰り返していると、それが急に魚信に変わった。

エン堤の上にて嬉しい初ヒット!

2018年渓流初釣果は20cmの地イワナ。

「ヒット、ヒット」と喜ぶ私はエン堤の上。

落ちてしまうかもと思いながら寄せてくると、幸い外れずネットインだ。

初釣果はこの地の特徴をよく示す21cmのイワナである。

お互い釣果があって気を良くし、工事区間をパスして橋のたもとから再入渓する。

大きな岩に巻き戻る。

ここはと思える反転流にミノーを流し込み、数cmずつ引っ張り出すようにアクションさせると、ルアーを目にする前に手元がググッと引き込まれた。

思いの外慌てず抜き上げたのはサイズアップした地イワナだ。

サイズアップのイワナはアイフィッシュ5sのワカサギに出た。

その後は橋下の大場所でいいチェイスを掛けられず、中盤のチャラ瀬にもライズがあって再びエン堤下の深場に到着。

ここは運転手となってくれた友人に敬意を払い、2つある深場を選んでもらう。

水深のある側へキャスト始めた友人を見送り、もう一方の落ち込みへミノーをキャスト。

しかし反応はなく、振り返れば友人の持つネットに良型が収まっている。

肉付きのいい27cm、納得のイワナだった。

午後は支流の上村川水系へと谷替えをし、腹ごしらえを済ませてからの後半戦。

凍る斜面や滑る落ち葉、はたまた穴や倒木を覆い隠す積雪にビビリながら足を進めると、ここでも元気な地イワナたちに会えた。

そして流れがハングする手前で折り返し。

同じ距離の下りは勢いを殺しながら滑る足元や障害物を考慮するから体力、神経もすり減りヘロヘロで、車に戻った午後3時に釣りは総意で終了となる。

そんなこんなの納得、大満足、友人に感謝の解禁釣行でした。

<週刊つりニュース中部版 APC・永田幹夫/TSURINEWS編>

▼この漁協について
遠山漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。
  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。