鈴木斉&晴山由梨がSmartに狙う千葉富津陸っぱりルアーフィッシング

もはやあらゆる場面で必需品ともいえるスマート端末だが、ことアウトドアにおいては落下や水没といったリスクがつきもの。ならば耐久性の高いウエアラブル端末で連携させてしまえばいいのではという発想からうまれたのが、スマートアウトドアウオッチだ。
今回は鈴木斉さんと晴山由梨さんで、CASIOから発売されている『PRO TREK Smart』を携行し、内房富津の地磯からルアーフィッシングで釣行。アウトドアシーンの遊びを「スマート化」する同時計の実力を楽しみながらの釣りに挑んでみた。
晴山さんは地磯のルアー初挑戦だったが、鈴木さんの指導を受けながら見事タチウオをゲット!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

陸っぱり釣り上級者の心得とは……

鈴木さんと晴山さんにスマートアウトドアウオッチを携行してもらった。

ターゲットはシーバスヒラメメバル
ポイントは鈴木さんお勧めの場所だが、状況は日によって違うもの。

船釣りと違い、魚の回遊を待つ陸っぱりの釣りは「今は釣れなくても、いずれ魚がやってくるという自信」がなければ心が折れる。

「やっぱりほかのポイントがいいんじゃないか、と疑心暗鬼にかられると無駄な移動が多くなります」と鈴木さん。

いるところにはいる、下手にポイントを変えない信念が釣果に結びつく。

前日に釣り仲間から、当日はロッドを振っている地元アングラー情報を集める。
上級者は竿を出す前の情報収集を確実に行っているのだ。

当日入った場所は、沖は砂地で何もないが足下は変化に富み、ベイトが回ってくる場所。

前日には数尾の良型シーバスが仕留められているという情報を得ていた。

スマート端末が腕についているという安心感

地図機能で行動ログをとって、魚がつれた場所をマーキングするといった使い方もできる。

今回の釣りがいつもと違うのは、頼りになる情報ツールがあること。

CASIOのスマートアウトドアウオッチ『PRO TREK Smart WSD-F20』だ。

この時計は従来のスマートウォッチ同様、スマートフォンとリンクしている。
電話の着信やメールの確認なども可能。

磯場やウエーディングといった電話を取り出したくない不安定な状況でも、時計を見れば情報ツールとして利用ができる強みがある。

さらにこの時計にはフィッシングに特化した機能が盛りだくさん。

そのひとつが「タイドグラフ」。
さっそく確認してみると、午後7時ごろに潮止まり、その後は下げになるとのこと。

タイドグラフのチェックも簡単。

「日があるうちと、潮止まりまでは難しいでしょうから、のんびりやりましょう」と鈴木さんは明るい間に晴山さんに指導。
船釣りでタックルの扱いは慣れたものだ。

暗くなってからはさらに威力を発揮

スマートウオッチなら暗くなっても使いやすい。

5時になれば夕日が隠れ、足元は見えにくくなる。
足場の悪い磯場であれば、高性能のライトが必須だ。
また、できるだけ単独釣行は避けよう。

今回はスマートウオッチがあるおかげでLINEの通知も把握できるなど、難しいフィールドでも連携がとりやすく、「これはなかなか便利で楽しい」とお二人。

7時を回ると潮止まりを過ぎて、チャンスタイムに突入した。

「広いフィールドを回遊する魚にトリッキーな動きは必要ありません。かえって口を使わなくなります」と鈴木さん。

ルアーはただ巻きが基本。
あとはレンジ(ルアーを泳がせる水深)だが、当日は表層中心を攻めていく。

魚が釣れたら即情報共有!

難しい状況ながら、晴山さんが会心のタチウオヒット!

なかなか魚からコンタクトはない。

「メバルの反応はぽつぽつありますが、潮の動きが悪くて魚の活性が低いですね~」と鈴木さんも困り顔。

しかし、「ヒットです!」と暗闇を照らす明るい声。

見事、晴山さんが仕留めたのはタチウオ
沈黙を破った大物の登場に、自然と笑顔があふれた。

魚が釣れたら「Fish brain」というアプリケーションの出番。
これはポイントの確認やゲットした魚のサイズ、写真などの情報を共有できるアプリ。釣り仲間たちと盛り上がるのに最適だ。

詳細はGoogle PlayストアFishbrain-釣り予報」をチェックしてほしい。

当日の気温は7度前後。
風はなかったがそれでも夜がふけるにつれてどんどん寒くなる。
夜釣りの時は防寒着やカイロなどをしっかり用意して挑もう。

<週刊つりニュース関東版 本紙・大谷俊夫/TSURINEWS編>

▼PRO TREK Smartについて
スマートアウトドアウオッチ誕生から約1年、アウトドアギアは新たなステージへ。『PRO TREK Smart(プロトレックスマート)』として新しく生まれ変わったWSD-F20

低消費電力GPSで現在地をカラーマップに表示。また、オフラインでの使用も可能。時計単体での活用度を広げることで、アウトドアシーンにおけるさらなる実用性を追求。

高度、気圧、方位計測が可能な小型センサー、釣りや登山に使える多彩なアプリケーションを搭載。プロトレックならではのスペックとスマートウオッチとしての機能融合がアウトドアのスタイルを大きく進化させる。

あらゆるフィールドを目指すすべての人へ。

PRO TREK Smart
メーカー希望本体価格:51,000円
お問い合わせ:0570-088922

 

  

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。