キタ大物!タイラバで釣り上げた75cmのマダイ【三重県鳥羽市丸安丸】

厳寒期に入って釣りものの限定されるこの時期、季節風の強い日を避けて大寒波襲来前の1月16日に、三重県鳥羽市小浜町から出船の丸安丸タイラバに出かけた。

この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

  

答志島沖へ

タイラバで釣り上げタイ。

船客はY釣具店アドバイザーの加藤清隆さんと、この釣りは二度目の村田圭吾さんの3人で午前7時に出港した。

係留場所正面の三つ子島の美しい景観を満喫しつつ周辺の離島からの連絡船、貨物船に警戒見張りしながら目的地答志島沖に20分で到着した。

この日も道具は『紅牙/DAIWA』1.8mにPEラインの0.8号先イト4号を巻いた小型両軸リールにオモリはタングステン80~120gを使用した。

加藤さんは150番の小型電動リールで前回好実績を上げているとのこと。

PEラインの0.6号に先イト5mを巻いて水深30~50mのポイントを狙って開始。

ポイントの答志島東方海面は伊勢湾と鳥羽湾の潮がぶつかる潮流の速い箇所なので、パラシュートアンカーを2組投入して船の流れを調節しての釣りになる。

伊良湖水道周辺の急流で育ったマダイは、尾ひれの大きい身のよく締ったベッピンばかりでうれしい。

サミングすると明確なアタリ

慎重なやり取りで良型を手中に!

100gのオモリで海底をゴツンとたたかないよう着底寸前にスプールに指を掛けてサミング、2~3回巻くと同時に明確なアタリ。

ここでアワせず一定のスピードで巻続けると、一気にサオを絞りこんだ何度も強引な取り込みでバラシを経験しているので、ドラッグを滑らしてやり取りの末に60cm超えを取り込んだ。

村田さんはトモで船長のアドバイスを受けながら慎重にやり取りして順調に取り込んでいく。

当日は『紅牙シリコンネクタイ/DAIWA赤色ネクタイによく乗ったが、電動リールの加藤さんはショートサイズのゴールドネクタイでアタリ即アワセで釣果を伸ばしていた。

着底直後はガシラ(カサゴ)、ホウボウ、マゴチがきていずれもおいしい外道なのでお持ち帰りしている。

時に底から10m上で良型マダイが掛かることがあるので、このあたりまで探るのがいいだろう。

また、一度くわえたネクタイを離しても再び食い付くことがあるので、上限まで巻き続けることも肝要である。

潮流が強烈になった正午ごろ、ここを諦めポイント移動する。

加布良古水道の潮流の緩い場所でパラシュートアンカーを一つだけにして、浅場狙い。

これが的中して、加藤さんが「かなりの大物がきた」と、イトをドンドン送り出して長いやり取りの末75cmの超大物をゲットした。

当日の釣果。

そして午後2時に納竿した。

釣果は私と村田さんが68cm頭をにマダイ9匹、加藤さんが40~75cmのマダイを3匹他と、良型をゲットして満足の釣行だった。

<週刊つりニュース関西版 APC・出口和弘/TSURINEWS編>

▼この船について
丸安丸

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。