寒チヌ釣り勉強会釣行!これからが最盛期!【長崎県佐世保ガニ瀬】

1月20日、ダイワ福岡営業所のチヌ(クロダイ)釣り勉強会に、初代銀狼カップのチャンプこと江平さんも誘い参加してきた。今回の目的はこの春発売の「銀狼唯牙/DAIWA」を使った実釣とスタッフの釣り技量の向上&親睦が目的だ。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

  

佐世保を目指す

今回の釣り場「ガニ瀬」

午前4時すぎに集合して佐世保を目指す。

途中、佐世保市かめや釣具大塔店でエサを購入後、今回お世話になる三平丸の渡船地のある相浦港に6時30分に到着。

出船時間が6時30分だったこともありバタバタと準備を済ませ荷物を積み込み船はガニ瀬本島に着いた。

ガニ瀬には一度取材で来ているが、本島は初めて。

7人で釣りをしてもゆっくりサオを振れる広い瀬で水深もあるように見える。

早速、まきエサ作り。

オキアミ1角に『銀狼アミノⅩチヌ激旨』、『銀狼アミノⅩチヌど遠投』(いずれもDAIWA)を各1袋配合し、全体に水分がいきわたるように海水を入れながら練るように混ぜ、遠投ができるまきエサが完成。

つけエサは、まきエサに入れるオキアミの角から取ったオキアミ生とそれに配合エサの激旨をふりかけた2種類を用意。

ダイワのスタッフは吉田さんを除いて船長お勧めの水深のある沖向きに入り、私と江平さんは吉田さんを挟むように水道向きに入る。

まず野球ボールくらいに丸めたまきエサを手で投げ入れ、再度シャクで30杯ほど15mくらい沖にまいてポイントを作る。

次に仕掛け作り。

サオは『銀狼唯牙00号/DAIWA』、「水深は7m程度、ベタ底を狙って下さい」と船長からアドバイスがあったので3Bくらいのオモリが必要かなと銀狼遠投LL3Bのウキにハリス5m、ハリスBG2を段打ちし、遊動幅を3mほどとってスタートしてみる。

チャンスタイム……?

参考タックル図。

潮は最干潮から上げ潮に変わり、チャンスタイムかも。

ただ逆光と足場が低いのでウキが確認できず、向こうアワセの釣りスタイルで挑むが、1、2投とつけエサが残って帰ってきた。

沖の潮は左に流れているようだが、足元近くの潮は右に流れていてラインも取られるのでつけエサが底付近に落ち着かない感じ。

ならばとウキを『ベガスティックタフ遠投/DAIWA』3Bに変更。

ウキ下をさらに1m深くし、仕掛けの馴染みがいい分、ハリスに打っているジンタンを上げてハリ近くはフワフワさせながら海底に這わせるイメージで狙う

するとウキのトップが仕掛けのなじみを教えてくれた直後ウキが消し込んだ

少し待ってからアワセを入れようとすると、ラインもゆっくり走りだした「チヌに違いない!」大きくロッドを立てるようにアワセを入れるとチヌの重量感がロッドに乗った。

ロッドのサオ先が目の前にくるくらい00号を大きく曲げてみんなにアピール。

ゆっくりゆっくり間合いを詰めながら取り込んだチヌは45cmクラスの良型だ。

1尾釣れたことでひと安心、朝イチだから活性があったのか?底につけエサが到達と同時くらいに食ってきた感じだった。

休憩後再び再開!

ヒットした45cmクラス。

少し休憩して再度狙う。

すると朝動いていた潮がベッタリと止まりアタリがなくなった。

つけエサを動かして誘い、アタリをとらえるがハリ掛かりするのはフグのみ。

再度休憩がてら沖向きは潮が動いているようなので見に行くと、エサ取りの活性もいいようだ。

平井さんの釣座は足元から沖に向いて流れる。

エサが毎回取られるようなので「まきエサの効いていない流れから外した場所に仕掛けを投入してつけエサを守り、ある程度仕掛けがなじんだところで仕掛けをまきエサの効いた流れの中に持ってくるようにして狙うといいですよ」とアドバイス。

すると数投目、ベガスティックが消し込んだようでサオが大きく曲がった。

足元に張り出し根があるので、慎重に寄せて取り込んだチヌは43cmクラスだ。

その後、沖向きに釣座を移動していた江平さんにもラインを引ったくるアタリがあったがハリ外れでバラシ。

相変わらず沖向きは潮も動き、魚の気配はあるのだが、水道向きは潮が動かずつけエサが残ってくる状況。

ただまきエサを入れ続けているから、潮が動けばワンチャンスあるかもつけエサを這わせ、誘いを入れて狙う

すると潮が入ってきたように見える

ウキ下やジンタンの位置を毎投変えながら狙っていると、ウキがゆっくりと消し込んだ。

せっかくのアタリだから早アワセは禁物。

ただラインが走らないので5秒くらい待ってアワセを入れるナイスサイズの手応え。

魚を泳がすようにやり取りをして浮かせた魚は45cmクラスのイラ

00号のチヌザオで釣り上げたイラの45cmクラス。

クロ狙いで釣ったことはあるが、チヌロッド、それも00号で釣り上げるのは初めて。

サオはひん曲がるが、粘りで寄せてくることは可能で、慌てなければ00号でも取れることを再確認。

その後は40cmくらいのバリを上げて終了となった。

今回、潮の動きも悪かったことからクロ狙いの釣り人もほとんど釣れていないようだった。

チヌに関してはこれからが最盛期になり、どんどん釣果が良くなるだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修/TSURINEWS編>

▼この船について
三平丸

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。