ヒットの声は釣り人のやる気スイッチ!伊勢湾フグ活況【片名港おざき丸】

初釣りに出かけようと準備はしていたが、低温と強風で延び延びとなっていた。
高気圧が張り出して外気温も上がるとの予報となった1月15日、南知多町片名港おざき丸を訪れた。

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年2月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り

  

6時30分出船。中ノ瀬へ!

フグのシーズンはまだまだこれから!

午前5時ごろ、受け付けを済ませてアオヤギを購入し、船に乗り込んで空いていた右舷大ドモに釣り座を確保。

おざき丸推奨の『カットウボトムシンカーWアーム/ヤマワ産業』をセットした。

定刻の午前6時30分に釣り人10人で出船して、航程20分でポイントの中ノ瀬に到着。

当日は晴天で微風、波高0.5mのベストコンディション。

船長より、「水深24m。準備できた人から始めてください」との合図で一斉投入となった。

今季は水深10m前後で釣っていたので、24mというと深場のイメージ。
底に着くまでの時間、こんなに深かったのかという感じだった。

空アワセするも無抵抗が続いて、釣れる気がせずにボウズを覚悟していた。

すると、右腕が止められて「やった~」との声が出た。

外れるなと思いながらリールを巻き、無事に25cmほどのヒガンフグをゲット

これでヤル気モード点灯かと思ったら沈黙で、忘れかけたころに20cmほどのショウサイフグが掛かってきた。

沖ノ瀬へ移動。

参考タックル図。

その後も30分間隔でヒガンフグショウサイフグが掛かってきて、午前9時30分ごろにポイントの沖ノ瀬へ移動。

ここは最高のポイントなのか船が集結していた。

水深26mで再開。

ラインが前方へ流れていたが真下へ向かうようになってきて、掛かりも少し良くなってきたように感じられる。

いい調子に乗れそうだと思ったがまた沈黙で、最後はこれしかないと前方15mほど仕掛けを投入。

手前に誘い、25cmほどのヒガンフグを掛けた時は超うれしかった。

忘れかけたころに20cmほどのショウサイフグも掛かり、午前11時ごろに下げ潮が止まり朝のポイントへと戻った。

再開したが、上げ潮で流れが変わると掛からなくなり、道具を片付けようと思った正午ごろ、当日一番のヒガンフグ30cmほどが掛かった

釣りは最後まで諦めてはいけないことを再確認でき、午後12時30分に沖上がりとなった。

当日の釣果はショウサイフグ7匹、ヒガンフグ5匹。

サオ頭は成田名人が20匹で、マゴチと赤ナマコも掛けていた。

今後のヒガンフグは白子、真子がどんどん大きくなり重さも増してくる。
春の彼岸までビッグヒガンフグに挑戦だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・大橋浩/TSURINEWS編>

▼この船について
おざき丸

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。