東京湾でドラゴン級タチウオを釣る!エサ釣りで必要な道具と釣り方まとめ

指5本級の幅広特大ドラゴンサイズが射程圏となるタチウオ。今回は東京湾でのエサ釣りに焦点を当てて解説する。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

  

タチウオ釣りのタックル

幅広のドラゴン級が狙えるシーズン。

専用竿がベストだが、オモリ負荷30~60号2m前後のコマセシャクリ竿や、ライトゲーム竿でも対応可能。

少しオモリ負けする程度が食い込みはいいが、軟らかすぎるとハリ掛かりしにくい。

冬場は水深100m以上を狙うことも珍しくないので、PEラインの1.5~3号を200m以上巻ける両軸または電動リールを準備。

宿によってはオマツリ防止のため、ミチイトの太さを指定していることもあるので要確認。

2本バリ仕掛けもあるが、トラブルが少なく集中しやすい1本バリ仕掛けを勧める。

ハリ

ハリはワームフックの2/0~3/0のケン付きなど。

歯が鋭い魚なので、ハリの接続部は15~20回編み付けにし、直径3mmのカラーチューブ(オレンジ、グリーンなど)を2~3cm被せる。

オモリ

オモリはPEラインの2号までなら60~80号、3号なら80~100号を使う。

オマツリ防止のために船指定の号数を厳守

また、水中ライトはなくてもいいが、100m以深の場合や、曇天時は効果を発揮する。

極力抵抗を少なくするため、小型のものを選ぼう。

エサ・付け方

エサ付け一例。

船宿で用意されるのは幅12~13mm、長さ5~6cmのサバの短冊が一般的。

付け方は皮側の端中央部にハリを刺して、ハリ軸上部へこき上げ、「身→皮→身側」へ、ていねいに3回縫い刺しにする。

海中でエサがクルクル回るとハリスがヨレてしまい、食いが落ちるので短冊の中央に沿って真っすぐに縫い刺す。

投入~誘い

参考タックル図。

潮先の人のミチイトに重ならないようにし、ハリスを先に入れたら竿の弾力を生かし、オモリを前方へ投入する。

潮流が速いときはサミングをして、ミチイトを立て直しながら送り込む。

誘いはオモリが着底したらイトフケを取り、指示された下ダナまで巻き上げ、そこから上ダナまで丹念に誘いを入れながら探っていく。

竿先を海面から50cmほどシャクり上げ、リールを4分の1~2分の1巻き取りながら竿先を海面に戻す。

再び誘い上げを繰り返し、リズミカルに探り上げる。

または、下ダナで電動のスイッチを入れ、スローで巻き上げながら竿先を30~40cm動かす電動シャクリも有効。

速さや強弱を変えながら、いち早くその日の状況にあった誘いパターンを見出すことだ。

食わせる・アワセ

鋭い歯を持っているので注意しよう!

誘いの途中でクックッとアタリが訪れるが、ここでアワせてもハリ掛かりは少ない。

食い込ませるにはアタリがでても手を止めず、そのまま誘い続け、グッと食い込みのシグナルがでたところでアワせる。

または、アタリがでたら誘い上げの手を止め、その位置で竿先をゆっくり小刻みに上下させ、魚の鼻先でエサをゆらゆらと躍らせて食い気をそそり、2~3秒おいてソーッと聞き上げる。

これを繰り返し、グイーッと食い込んだらアワセ。

エサをくわえたままジッとしていることもあり、この時には竿先にジワッとモタレがでる程度。

ここもアワセどころとなる。

活性の低いときは食い込みまで時間がかかることがある。

逆に待ちすぎてハリを飲み込まれ、チモトでハリスを切られることもあるので、アワセのタイミングは早くつかみたい。

ビックリアワセはせずに、魚を乗せる感じで大きく竿を立てる。

ハリ掛かりしなければすぐにタナへ戻して再び誘う。
エサが残っていればかなりの確率でまた食ってくるはずだ。

ハリ掛かりすると強烈な引き込みが訪れる。

これを竿の弾力で受け止め、中速以上のスピードで巻き上げる。

取り込み

海面下に天ビンが見えてきたら巻き上げを止め、竿を立てながら引き寄せて、サキイトをつかみハリスをたぐる。

できるだけ魚に近いところをつかんで一気に抜き上げよう。

タチウオの歯はとても鋭いので注意したい。

ハリを外すときはタオルなどを使って首根っこをしっかりと握り、ペンチを使って外すようにする。

思わぬけがをしないよう、ハリを外したらすぐにクーラーに入れるといい。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。