幻の存在を近場でGET!3kgのイシダイに大満足【佐賀県加唐島】

今シーズン最後のイシダイ釣りに11月26日、挑戦した。先輩と行った近場は、今回紹介する佐賀県呼子加唐島だ。

この記事は『週刊つりニュース西部版』2017年12月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

  

つけエサはガンガゼとくわせ赤貝

今回渡礁したのは加唐島北西に位置する(スベリ)イシダイと実績のあるポイント(風裏であることも渡礁理由)。

低気圧の影響か、ウネリがあるものの何とかサオ出しはできた。

釣り場の略図。

まず潮の方向を確認するために、まきエサの『デカバン/マルキユー』を足元・中間距離(5~10m沖)に投入。

本流に引かれてできる反転流のアタリ潮に狙いを定めた。

水深はリールカウンターで約13m。

南方宙釣りでつけエサはガンガゼ(ウニ)くわせ赤貝を準備。

 

くわせ赤貝は食い込み抜群

筆者のタックル図。

まずガンガゼを2個掛けにしてポイントを作る。

まきエサ(デカバン)の沈下場所にガンガゼを置いて、さらに集魚効果を上げる作戦。

これを数投繰り返し、サオ先に反応が出だしたらチャンス到来!!そのままガゼでラインを送り込み、アタリを待つのも良いのだが、私はくわせ赤貝にチェンジし手持ちでアタリを待つ。

くわせ赤貝は食い込み抜群で、まきエサに寄ったイシダイの目の前に落とすと一気に食い込むので、ドキドキ感(イシダイ釣りの醍醐味)がたまらない。

今回はこの方法でゲットできたのは3kgのイシダイ。

近場で久々の釣果に大満足。

来シーズン底物にハマりそうな予感だ(笑)。

<週刊つりニュース西部版 APC・森正和/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
マリンペガサス

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。