穂先ぶるぶる!ワカサギ良型メインに2束超【山中湖静山荘フィッシングエリア】

11月4日(土)、今シーズン初のワカサギ釣りに山梨県の山中湖に出かけた。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2017年11月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

  

前日の4束超という釣果に膨らむ期待

富士山を目の前にしてワカサギ釣りが楽しめる。

午前6時前、静山荘フィッシングエリアに到着。

気温は8度。

やや肌寒くまだ辺りは暗いが、すでに釣り人が準備をしている。

店主に釣況を尋ねると、「きのうは4束を超える釣果がでている。最近は店前の近場のポイントでも釣れ始めた」とのことで期待がふくらむ。

当日は手漕ぎボートをレンタル。
6時すぎに引き舟され出発(帰りは手漕ぎ)。

ポイントは店正面の200mほど沖。

筆者のタックル図。

5分ほどで到着し、船がブイに固定され、6時半に実釣を開始。

仕掛けは手返し重視の5本バリ。
エサの赤虫をチョン掛けにして仕掛けを投入。

水深は約12m。

オモリ着底後イトフケを取り、オモリが底をたたく程度での位置で待ってみた。

すると、すぐに明確なアタリ

ワカサギ用の軟らかい穂先がぶるぶると震えた。

アワせるとヒット

姿を見せたのは7cmほどの本命

その後も釣れ続いたが、入れ食いとはいう感じではなく、一尾一尾をていねいに拾っていくことで釣果を伸ばす。

ヒットパターンもいろいろで、オモリを底から離した直後にアタリがくることもあれば、仕掛けをゆっくりと投入する途中でのヒットも。

とにかくアクションを入れることが大切。

風がやや強くなる一方で、活性も上がってくる

家族や仲間とワイワイ楽しめるのもワカサギ釣りの楽しみのひとつ。

10時、何とか1束に到達。

しかし、このころから予報通り風がやや強くなり波も立ち始めた。

一方、よくあることだが、同時に活性も上がってきた。
続けざまに2尾、3尾とヒット

そして、その後も投入するたびにアタリが続く。

アタリがなくても、少し誘いを入れるとヒットし、1投1尾のペースで追釣できた。

正午すぎに納竿。

釣果は206尾

当日は良型が中心に釣れました。

当歳魚はほどんどいなく、良型がメーンだった。

当日は手漕ぎボートをレンタルしたが、ドーム船も数多くあるので目的に合わせて予約するといいと思う。

家族や仲間と楽しめるワカサギ釣り。

私もまた出かけてみたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・松崎健/TSURINEWS編>

▼この船について
静山荘フィッシングエリア

この記事を書いたライター

TSURINEWS編集部

TSURINEWS編集部

日本全国、四季折々の釣りや魚、水辺の遊びについて、リアルな情報をお届けいたします。